このページの本文へ
ページの先頭です。

広島空港特定運営事業等の優先交渉権者が選定されました。

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月11日

国土交通省は,令和3年7月からの広島空港の運営の民間委託に向け,「MTHSコンソーシアム」を優先交渉権者として選定しました。

MTHSコンソーシアムには,他空港で運営実績のある大手企業や,地元広島の有力企業も含まれおり,今後の広島空港の活性化が,大いに期待できます。

※ コンソーシアム… 複数の企業から成る団体のこと

※ 優先交渉権者 … 国と運営権設定・実施契約を締結する権利のある事業者のこと

 MTHSコンソーシアム

代表企業

三井不動産株式会社 (熊本空港(代表企業)と北海道7空港の運営に参画)

構成員

東急株式会社 (仙台空港(代表企業)と北海道7空港,富士山静岡空港の運営に参画)

株式会社広島銀行

ひろぎんキャピタルパートナーズ株式会社

広島電鉄株式会社

九州電力株式会社 (熊本空港と福岡空港の運営に参画)

中国電力株式会社

株式会社中電工

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ

マツダ株式会社

福山通運株式会社

株式会社広島マツダ

広島ガス株式会社

住友商事株式会社

東急建設株式会社 (仙台空港の運営に参画)

株式会社東急コミュニティ― (仙台空港の運営に参画)

 

今後のスケジュール

令和2年10月頃 国とMTHSコンソーシアムが基本協定の締結

令和2年11月頃 国とMTHSコンソーシアムが運営権設定・実施契約の締結 

令和3年1月15日 ビル施設等事業の開始(空港ターミナルビルと現国営駐車場の運営開始) 

令和3年7月1日 空港運営事業の開始(全ての運営対象施設の運営開始) 

このページに関連する情報

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする