ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 広島県公安委員会 > 定例会議の開催概要(平成23年8月24日)

定例会議の開催概要(平成23年8月24日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月1日

平成23年8月24日(水)

 定例会議では,次の事項などについて警察本部から説明,報告を受け,公安委員会としての意思決定を行いました。

【議題】

○警察職員の援助要求について
 福井県公安委員会からあった警察職員の援助要求に基づき,同県警察に警察職員を派遣する案について説明を受け,案のとおり議決した。
 委員から,「福井県の原発警戒について,福島県の原発事故から派遣職員の装備や対応などで変わったところがあるか。」旨の発言があり,警察側から,「その後電源車の配置などが行われている。」旨の説明があった。委員から,「警戒方法は,どこが決めるのか。また,海上の警戒はどうしているのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁の基準に基づき,福井県警察の職員と派遣された職員が協力して警戒にあたっている。」旨,「海上の警戒は,海上保安庁が担当している。」旨の説明があった。

○交通規制の改正について
 平成23年8月17日の定例会議で説明を受け審議中であった,信号機の新規設定案2交差点及び最高速度規制の改正案1路線について,案のとおり議決した。

○審査請求事案の処理について
 広島県情報公開条例に基づく行政文書開示請求に対する警察本部長の決定を不服とした審査請求事案について審理官による審理結果の説明を受け,また,広島県情報公開・個人情報保護審査会に諮問中の審査請求事案について同審査会から請求人の意見書の写しを受理し,警察本部長に通知する案の説明を受け,それぞれ決裁した。

○異議申立書の審理結果について
 更新時に交付した運転免許証の区分に関する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○審査請求書の受理及び審理官の指名について
 運転免許の停止処分に関する審査請求書を受理するとともに,審理に関する事務を補佐させる審理官を指名する案について説明を受け,案のとおり議決した。

○異議申立書の審理結果について
 運転免許の取消処分に対する異議申立事案について,審理官による審理結果及び決定案の説明を受け,案のとおり議決した。

○運転免許の行政処分について
 運転免許の行政処分に関する意見聴取の結果等36件について説明を受け,案のとおり議決した。

○公安委員会関係の行事予定(案)について(平成23年9月~11月)
 平成23年9月から11月までの3か月間における公安委員会関係の行事予定(案)について説明を受け,了承した。

○監察の実施状況等について(平成23年度第1四半期)
 監察の実施状況等として,平成23年度第1四半期における警察庁長官及び中国管区警察局長による総合・随時監察の受監結果について説明を受け,了承した。

○平成23年度監察の実施状況について(警察本部長による総合・随時監察)
 警察本部長による平成23年度第1期総合・随時監察の実施結果について説明を受け,了承した。
 委員から,「外部記録媒体の現有数と管理簿が不一致という指摘があるが,なぜ不一致になったのかを原因究明して根本対策をすることが必要である。」旨の発言があり,警察側から,「これについては,警務課に親台帳,各課に子台帳があり,子台帳には記載があったが親台帳に記載がなかったもので,全く管理の視野外であったわけではない。親台帳にしっかり記載されるよう指導を強化するとともに検証を続ける。」旨の説明があった。委員から,「情報セキュリティ対策の実施状況については,警察庁長官による監察と警察本部長による監察とでは内容が違うのか。」旨の発言があり,警察側から,「警察庁長官によるものは,全体的な制度等大きな観点によるものであり,警察本部長によるものは,外部記録媒体の管理など重点を具体的に絞ったものである。」旨の説明があった。

【報告】

○平成23年広島県議会9月定例会の会期日程について
 平成23年広島県議会9月定例会の会期日程は,9月20日(火)から10月5日(水)までとなったこと等について報告を受けた。

○警察本部の行事予定について(平成23年9月~11月)
 平成23年9月から11月までの3か月間における警察本部の行事予定について説明を受けた。

○福山市における自転車走行空間整備の社会実験結果について
 本年5月20日(金)から6月2日(木)までの間,福山市が市道の車線幅員等を変更し車道両側左側端に自転車レーンを確保して実施した社会実験の検証結果について報告を受けた。
 委員から,「これは,福山市が初めてか。」旨の発言があり,警察側から,「広島市にも自転車レーン規制が数か所有るが,社会的実験は福山市が初めてである。」旨の説明があった。委員から,「歩行者の中には歩道を走る自転車に危険を感じている人もいる。歩行者の安全を守ることからも,もっと普及されれば良いと思う。」旨の発言があり,警察側から,「基本的には,自転車は車道を走るのが原則であり,歩道部分を走行しても大丈夫な場合に歩道通行可としているが,自転車が車道を走行することになれば歩行者も安心して歩行できることにもなる。」旨,「良い結果がでており,今後色々な場で紹介していくこととしている。」旨の説明があった。

○東日本大震災に係る広島県警察の対応について
 東日本大震災発生に伴い特別派遣された各部隊の体制,派遣先,主な活動状況及び今後の派遣予定並びに9月12日からは警備部隊を警備部機動隊と第二機動隊による連合機動隊及び管区機動隊によって運用することについて報告を受けた。