ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

児童家庭相談・児童虐待通告の窓口について

印刷用ページを表示する掲載日2018年9月6日

※添付の資料はページ下部の【ダウンロード】からご覧いただくことができます

子供に関する相談や児童虐待の通告先はどこなの?

児童相談所全国共通ダイヤル189(いちはやく)お住まいの地域の児童相談所に電話をおつなぎします。

子育てに悩んだ時,また,虐待を疑ったり,発見したときにご連絡ください。また,お住まいの市町の児童福祉担当課や,こども家庭センター(児童相談所)など下記ダウンロードファイルからも各相談窓口がご覧になれます。

どんな相談ができるの?

  • 子育てに関する相談
  • 子どもの発達や心身の障害についての相談
  • 非行に関する相談
  • 性格・行動・しつけに関する相談
  • 子どもへの虐待に関する相談(通告)

子供からのSOS・虐待に気づいたら

虐待を疑ったり,発見したときは,お住まいの市町の児童福祉担当課や,こども家庭センター(児童相談所)などに相談(通告)してください。

  • 相談(通告)された方の秘密は守られます。匿名での電話も可能です。
  • 虐待かどうかの判断は容易ではありません。虐待かもしれない,子供の状態が少し気になるといった連絡で差し支えありません。
  • 調査の結果,虐待でなかったとしても,相談(通告)された方がとがめられることはありません。

児童家庭支援センター

  • 子育てや子ども自身の悩みなど様々な相談をお受けしています。
  • 県内には,児童家庭支援センターが3か所(呉市,尾道市,廿日市市)あります。下記ダウンロードファイルをご覧ください。
  • 電話による相談のほか,通所や訪問も可能です。(直接,児童家庭支援センターにお問合せください。)
  • 児童家庭支援センターが設置してある市町以外にお住まい方も相談ができます。

児童虐待防止の啓発活動にはどんなものがあるの?

 広島県は児童虐待防止に役立つよう一般県民の皆様や,福祉・教育など関係機関を対象に以下のような様々な啓発活動を行っています。

  • 児童虐待防止のための研修会
  • ポスター,リーフレットなどの配布
  • 児童虐待防止キャンペーン事業 ~児童虐待防止のための様々な啓発・イベント活動を実施しています。

ダウンロード


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする