株式会社前川製作所

Interview 02

株式会社前川製作所

創業:大正13年(1924年) 本社:東京都
県内拠点:東広島工場(東広島市)

前川 真 氏 産業用 株式会社前川製作所

世界一の産業用圧縮機メーカーを目指し、
地元企業との共創により
イノベーションを起こします。

代表取締役社長前川 真

産業用冷凍機メーカーとして1924年に創業した当社は、お客様の要望や世の中のニーズに応えるため、冷却・圧縮技術をベースとして、産業用冷凍機や低温倉庫、スケートリンクの製氷システムといった冷却技術を応用した製品やエンジニアリングはもちろん、食肉加工ロボット、病院や博物館から航空機まで多様な場所で活躍する空調システム、石油精製プラントにおける圧縮技術の活用など、現代には欠かせない製品やシステムを世界で提供しています。
一方で、地球温暖化、エネルギー、食糧や資源の枯渇など、新たな課題が今世紀に積み残されています。この解決には、これまでと異なる方法で取り組む必要があると考えています。
広島県は、たたら製鉄時代からものづくりの文化があり、あらゆる部品や素材、技術やシーズが、自動車でおよそ60分圏内に揃う産業基盤があり、新たな社会的ニーズに対して新商品を創造するには、最適な場所といえるでしょう。さらに、東広島市は、大学との産官学連携や産業基盤への強化体制、優れた製品技術を持つ地元企業が多いことから、当社は製造の拠点として最適な場所と判断し、工場を立地することにしました。「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録され、日本食が世界を魅了するなか、今後のグローバル展開に関しては、加熱冷却技術による食品の保存・加工分野を拡大し、世界の食生活を豊かにすることに貢献していきたいと考えています。
優れたものづくり技術を持つ地元企業の皆さんと「共創」し、イノベーションを起こし、マエカワの世界ネットワークを活かした新商品開発を拡大していきませんか。

ページの上部へ