ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水質検査計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月3日更新

 

水質検査計画

  水道事業者は,毎事業年度の開始前に「水質検査計画」を策定し公表することが義務付けられています。
 このたび,「平成29年度広島県営水道水質検査計画」を策定しました。
  この計画は,水質検査の結果等を反映して,事業年度毎に見直しを行っており,水質管理体制の更なる充実・強化に努めています。

  • 基本方針
    法令に基づく水質基準項目はもとより,水質管理上,検査が望ましい項目等についても独自に検査し,水質状況に応じた適正な水質管理に努めます。
  • 水質検査の項目
    「水質基準項目」の他に,「水質管理目標設定項目」などについても独自の検査を行います。
  • 検査結果の公表
    検査の結果は,『水質基準及び水質検査結果等』のページで公表します。
  • 臨時の水質検査
    供給する水道水が人の健康に影響を及ぼすおそれがある場合や,水源や原水の水質が変化し,供給する水道水が水質基準に適合しないおそれがある場合には,直ちに取水の停止や給水の停止を行い,臨時の水質検査を実施し,安全性等を確認します。

関連情報

ダウンロード

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。