このページの本文へ
ページの先頭です。
  • トップページ
  • 健康経営の推進
  • 【公募型プロポーザル】健診データを活用した疾病リスク予測及び生活習慣改善に係る介入検証業務~データドリブンによる生活習慣改善策のアジャイル開発~に係る企画提案を募集します。

【公募型プロポーザル】健診データを活用した疾病リスク予測及び生活習慣改善に係る介入検証業務~データドリブンによる生活習慣改善策のアジャイル開発~に係る企画提案を募集します。

印刷用ページを表示する掲載日2021年6月30日

業務概要

 広島県では,人生100年時代を迎える中,県民一人ひとりが,若い時期から生涯を通じた健康の大切さとリスクを意識し,デジタル技術やデータも活用しながら,運動や食事等の習慣の改善など,健康を維持する行動が身に付くよう,実効性のある健康づくりの仕組みの確立と社会実装を目指しています。
 本業務は,健康経営に取り組む県内企業等と連携し,健康診断データからAIにより将来の疾病リスク予測をするとともに,健康管理アプリ等を活用して生活習慣改善提案を実施し,県民の健康づくりに向けた行動変容を促す実効性のある介入方法を開発するための実証試験を行うものです。

公告

1 公告

2 公募型プロポーザル説明書

3 仕様書及び契約書(案)

4 企画提案書作成要領

5 提案書評価基準

6 参考資料(健康経営の推進に向けた実証試験について)

 この資料は,窓口での受取り,電子メール又は郵送により個別に交付します。公告3(1)ウ(イ)に基づき,交付請求してください。

書類の提出及び問合せ先

 730-8511 広島市中区基町10番52号
 広島県 健康福祉局 健康づくり推進課 健康経営推進グループ(担当:橋口,高野)
 電話:082-513-3214
 FAX:082-223-3573
 E-mail:fukensui@pref.hiroshima.lg.jp
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする