このページの本文へ
ページの先頭です。

特任肝疾患コーディネーター制度説明会及び交流会の開催について

印刷用ページを表示する掲載日2018年1月23日

開催の目的

 広島県では,平成23年度から「ひろしま肝疾患コーディネーター」の養成を開始し,平成29年度の認定により養成人数は1,000人を超えました。

 そこで,コーディネーターの更なる活動の充実を目指し,これまで活動いただいているコーディネーターの皆様の中から,各二次医療圏内での活動の中心となる「特任肝疾患コーディネーター(仮称)」を認定する制度を新たに設けます。
 広島大学病院がこの制度を運用し,広島県は特任コーディネーターの認定証を発行します。

開催報告

 広島会場と福山会場で1回ずつ開催しました。
 フェイスブックページにも掲載しているのでよろしければご覧ください。

(1)広島会場
 平成29年12月17日(日) 10時~12時
 広島県庁 本館301会議室

(2)福山会場
 平成30年1月21日(日) 10時~12時
 福山市民病院 ホールコア

 ≪内容≫
 1.特任肝疾患コーディネーターの認定条件・業務内容・認定方法等
 2.コーディネーター交流会(活動状況や参考情報等を共有します)
 3.その他連絡事項

特任コーディネーター説明会の様子 コーディネーター交流会の様子

お問い合わせについて

 特任肝疾患コーディネーターについて何かお聞きしたいことがあれば,肝炎対策グループか,広島大学病院肝疾患相談室までお電話ください。

 広島大学病院肝疾患相談室
 Tel : 082-257-1541

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする