ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

肺炎球菌ワクチン誤接種防止対策について(注意喚起)

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 肺炎球菌ワクチンには,接種対象者が異なる製剤が存在しますが,接種対象者ではない方への接種が行われた事例が複数報告されています。

 接種対象者ではない方への接種については,十分な効果が得られないことに加え,安全性が確立されていません。

 関係の医療機関等においては,別紙通知による接種対象者を十分に確認され,接種対象者に応じた製剤が適切に接種されるよう注意してください.

ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする