ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

助産所における乳児へのビタミンK2シロップの投与について

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日

 今般,一部の助産所において,新生児にビタミンK2シロップ(ビタミンKを含有するシロップ製剤)を投与しなかったケースがありました。

 乳児期においてはビタミンKが欠乏し,頭蓋内出血を起こすリスクが高まるため,予防の観点から乳児に対するビタミンK2シロップの投与が有効とされています。

 助産所においては,これを適切に実施するとともに,この投与を望まない妊産婦に対しては,そのリスク等を十分に説明するよう徹底してください。


ダウンロード

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする