ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

【無料Web講座】感性に訴える製品開発講座を開催します!

印刷用ページを表示する掲載日2020年7月6日

 


全3回+オプション2回 感性に訴えるものづくりを実践へ 受講者募集中

ひろしま感性イノベーション推進協議会では,感性工学の手法を実践的に学ぶWeb講座を開催します。
消費者の「感性」を把握し,製品開発に活用することで,消費者の”感性に訴える”ものづくりを支援します!

製品開発の具体的手法を学び,感性に訴えるものづくりを実践へ!

感性工学や人間工学に興味があるけど,自社でどのように活用したらよいか分からない!
そんな企業の製品開発担当者を対象に,具体的な手法を学んでいただく実践講座を開催します。

全3回+オプション2回の連続講座により,製品の魅力づくりから製造・販売まで,一連の流れを実践的に学ぶことができます。
本講座に加え,受講者によりよく理解してもらうため,自由参加のプログラムも開催します。
これから感性工学を学ぶ方には,講師のフォローがありますので,是非お気軽にご参加ください。

対象者 企業の製品開発担当者等
定員 20名(先着順)
受講方法 Web会議ツール「Zoom」を使用します
Zoomが使用できない方は,会場(広島市中区小町)で聴講可能です
受講料 無料
備考 できるだけ,全3回にご参加ください
同一企業から複数申し込みがあった場合,調整させていただくことがあります

実践講座 プログラム (※午前中は自由参加)

第1回:2020年7月31日(金曜日)13時~17時(11時~12時 ガイダンス)

感性マーケティングを学ぶ ~感性をデータ化して商品ポジションを知る!」
講師:井上 勝雄氏 (株)ホロンクリエイト 研究顧問

第2回:2020年8月21日(金曜日)13時~17時(11時~12時 第1回復習)

感性工学を活用する ~活用法を身近な商品例から体験する!」
講師:石原 茂和氏 広島国際大学総合リハビリテーション学部  教授

第3回:2020年9月4日(金曜日)13時~17時(11時~12時 第2回復習)

人間工学の活用手法を学ぶ ~ターゲットに応じて求められる価値とは?」
講師:山岡 俊樹氏 京都女子大学 家政学部 教授

オプション講座 プログラム

第1回:2020年8月7日(金曜日)13時~17時

「トレンドを知って調査仮説を立ててみよう!」
講師:渡里 司氏 (公財)中国地域創造研究センター 主任研究員

第2回:2020年9月11日(金曜日)13時~17時(11時~12時 実践講座第3回復習 ※自由参加)

「調査計画を立てよう!」
講師:渡里 司氏 (公財)中国地域創造研究センター 主任研究員

受講方法

Web会議ツールZoomを使用します。申し込み後に視聴URLをメール送付します。
Zoomが使用できない方は,会場でも受講可能です。
会場:広島市中区小町4-33 (公財)中国地域創造研究センター

申し込み

申込書に記入し,E-mail(kansei@crirc.or.jp)またはFax(082-245-7629)でお申込ください。
  • 実践講座申込締切 令和2年7月27日(月曜日)17時00分
  • オプション講座申込締切 令和2年8月5日(水曜日)17時00分

申込書

実践講座案内・申込書 (PDFファイル)(1.18MB)

オプション講座案内・申込書 (PDFファイル)(1.32MB)

ひろしま感性イノベーション推進協議会について

近年,新興国の製造能力向上などにより,性能・信頼性・価格に加え,新たな価値軸の活用による差別化が求められています。広島県では感性工学発祥の地であるという強みを活かし,新たな価値軸として注目される”感性”に関する多くの研究や製品開発への取組が行われているところです。
これらの取組や活動をオール広島の体制で推進し,”感性に訴えるものづくり”を実現していくため,「ひろしま感性イノベーション推進協議会」を設立しています。当協議会の会員は随時募集中です。 

協議会事業の詳細や感性に関するイベント情報などは,協議会ホームページからも御確認いただけます。
ひろしま感性イノベーション推進協議会ホームページ(https://www.h-kansei.jp/)

このページに関するお問合せ先

 ひろしま感性イノベーション推進協議会事務局
 〒730-8511 広島市中区基町10-52
 広島県商工労働局 イノベーション推進チーム 新産業支援グループ内
 電話:082-513-3366 Fax:082-223-2137
 E-mail:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする