このページの本文へ
ページの先頭です。

ROAD TO SHINE 広島・インド共同ワークショップ・プログラムへの参加企業を募集します!

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月8日

マップ
広島県は,今年7月に,インド最大級のスタートアップ・インキュベーション施設である「T-Hub」と,日本の自治体としては初のパートナーシップを締結しました。
本プログラムでは,グローバル企業に多数の人材を輩出するIT大国インドの優秀なスタートアップや学生とともに,未来の社会を創り出す新領域の事業創出を構想するワークショップを開催します。

申込フォームへ必要事項を入力し,お申込ください。
テーマ
チラシ (PDFファイル)(483KB)

T-Hubについて

2015年,インドのテランガナ州と地元の大学等のバックアップを受け,州都のハイデラバードに設立されたインキュベーション施設であり,インド中の応募から選ばれたスタートアップが,起業・創業経験を持つメンターを受け,更なるスキルアップを図っています。また,ここはスタートアップと企業や投資家の出会いの場でもあり,協業に向けた動きも起こっています。

プログラム概要

テーマ
PART1 「イノベーション・チャレンジ」(インドで開催)

T-Hubの持つネットワークに所属する工学部専攻の大学生(卒業生含む),アーリー・スタートアップを対象に,2度のオンラインワークショップとメンタリングを経て最終的に3つのチームを選抜します。
〇スケジュール
2020年11月  一次選考会
2020年12月  二次選考会・入賞者発表
PART2 「新領域の事業創出のワークショップ」(広島で開催)
参加企業1社ごとに,選抜されたインドチームとタッグを組み,これからの人とモノの移動をテーマに課題の定義からソリューションのプロトタイプ,発表までを集中的に行います。
〇スケジュール
2021年1月12日(火)  プレセッション「なぜいま広島×インドなのか」
2021年2月15日(月)  チームアップ/自社資源の捉え直し
2021年2月16日(火)  デジタル・トランスフォーメーションを考える
2021年2月17日(水)  未来の暮らしのビジョンと機会領域の研究
2021年2月18日(木)  ビジョンとアイデアの策定
2021年2月19日(金)  最終発表会
〇募集企業について
・募集企業数:3社程度
・参加形態:1社3名程度で構成されていること
※必須ではありませんが,最低限のコミュニケーションができるよう,英語を話せる方がメンバーの中に少なくとも1名はいらっしゃることが望ましいです。
※新型コロナウイルス感染症の状況により,日程や開催形式が変更になる場合がありますので,予めご了承ください。

申込

申込フォームへ必要事項を入力し,お申込ください。

実施体制

主催:広島県
企画・運営:株式会社リ・パブリック,株式会社インフォブリッジマーケティング&プロモーションズ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする