このページの本文へ
ページの先頭です。

Innovation Potluck(イノベーションポットラック) #25(広島国際大学 谷口 公友先生)

印刷用ページを表示する掲載日2021年1月27日

HP

Innovation Potluck(イノベーションポットラック)とは?

”イノベーションの種”を持ち寄るスピーカーと、参加者による「共創の場」として、「Innovation Potluck」を開催します。
当日は、スピーカーによる研究内容の発表と、参加者とのトークセッションを行いながら、将来的な研究の商品化、社会実装を目指します。

今回のプレゼン内容

東京パラリンピックに向けた用具開発

現在、やり投げ用の義手、パラトライアスロンに関する用具、車いす陸上競技に関する用具の開発を行っています。今までにない用具を開発する際、選手の要望は、多様で常に一つではありません。「こんなものが欲しい」という選手の要望に応えるためには、既存の義肢装具製作技術では対応できないため、3Dプリンタによるデジタルファブリケーション(デジタルデータをもとにしてものづくりをする技術)を取り入れたモノづくりを行っています。
東京パラリンピックに向けた道具のサポートについてご紹介します。

スピーカー

広島国際大学 総合リハビリテーション学部 リハビリテーション学科 義肢装具学専攻 専攻主任 准教授
谷口 公友(Taniguchi Kimitomo)

長野パラリンピックでのボランティアを経て、東京都障害者総合スポーツセンター指導課にてパラアスリートからレクリエーションまで幅広いニーズの利用者へのスポーツ指導を行う。その後、義肢装具士の国家資格を取得し臨床現場の中で、機器開発に関心を持ち、研究開発のため教育機関へ転職。広島国際大学では、障がい者スポーツの用具開発の他、義手、車いすの研究に従事。

義肢装具士(第2853号)
早稲田大学 理工学術院 先進理工学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学
公益社団法人 日本義肢装具士協会 代議員
一般社団法人 日本リハビリテーション工学協会 理事

開催日時・場所


日時:2021年3月3日(水曜日)16時00分~17時00分 ※申込期限:2021年3月2日(火曜日)
【Camps会場+オンライン(Zoom)開催】

<会場>イノベーション・ハブ・ひろしま Camps(広島市中区紙屋町1-4-3 エフケイビル1F)
※会場参加には事前にCampsの会員登録が必要です。先着20名とさせていただきます。
※新型コロナウイルス感染の状況を鑑みてオンライン開催のみとさせていただく場合があります。
<オンライン>Zoomでご参加ください(定員:80名)
※オンラインでの参加者には当日までに、Zoomミーティングへの招待メールをお送りいたします。

対象者

  • パラリンピックに興味のある方
  • 義肢装具に興味のある方
  • デジタルファブリケーションに興味のある方
  • イノベーションに興味のある方 等

お申込み

こちらの申込フォームよりお申し込みください。

案内チラシ

チラシ (PDFファイル)(631KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする