このページの本文へ
ページの先頭です。

「地域企業×首都圏複業人材」によるオープンイノベーション (第55回イノベーショントーク)【終了しました】

印刷用ページを表示する掲載日2019年9月5日

タイトル

首都圏に住みながら定期的に地域に通い,首都圏の仕事と地域の仕事を同時に行う”複業”に
取組む人たちが増えてきています。
実際に,首都圏と地域の複業に取組んでいる複業人材の講演や対談,参加者との意見交換や
感想共有を通じて,地域企業と首都圏複業人材に協働による,新規事業,デザイン,マーケティング,
IT導入,インバウンド対応などへの取組みの可能性について考えます。

チラシはこちら (PDFファイル)(814KB)

 

開催日時・場所

  • 日  時:2019年10月30日(水曜日)18時30分~20時30分 (開場18時00分~) 
  • 場  所:イノベーション・ハブ・ひろしま Camps(広島市中区紙屋町1-4-3エフケイビル1F)

タイムスケジュール

18:30 ~   複業家という生き方,はたらき方(仮)
19:00 ~   個人が主役の複業時代における企業と個人の新たな関係(仮)
19:30 ~   参加者との意見交換・感想共有
20:00 ~   交流会

【登壇者】
一般社団法人Work Design Lab 代表理事/複業家 石川貴志 氏
リクルートエージェント(現リクルートキャリア)の事業開発部門のマネージャーを経て現在,出版流通企業の経営企画部門に勤務。
2013年にWork Design Labを設立し「働き方をリデザインする」をテーマにした対話の場づくりや,イントレプレナーコミュニティの運営,
企業や行政等と連携したプロジェクトを複数手掛ける。2017年に経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出事例集」選出。
2018年にAERA「生きづらさを仕事に変えた社会起業家54人」選出。広島県出身。


パソナグループ 成長戦略本部ソーシャルイノベーション担当部長兼ベンチャー戦略本部
NEW Value Creation Fundシニアマネージャー パソナJOBHUB事業統括部長 加藤 遼 氏
パソナグループにて,地方創生事業・シェアリングエコノミー事業の成長戦略とベンチャーファンド事務局を担当。また,旅するように
「はたらく」をコンセプトトラベラーとローカルエコノミー伝道師,総務省地域力創造アドバイザー,総務省地域情報化アドバイザー,
東京都観光まちづくりアドバイザー,多摩大学大学院特別招聘フェロー,NPOサポートセンター理事,サスティナブルビジネスハブ理事などを兼務。

定員

50名

対象

・外部人事との協働やオープンイノベーションに関心のある経営者・新規事業開発者
・新たな人材活用方法に関心のある人事担当者
・デザインに興味のある製品・サービス開発担当者
・IT導入による業務効率化や経営力向上に興味のあるIT担当者
・インバウンド対応に興味のある観光サービス事業者

申込先

主催

広島県

お問い合わせ

広島県商工労働局イノベーション推進チーム
電話:082-513-3353
Fax:082-223-2137
メール:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp
Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする