ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【イクボスセミナー】今,企業が取り組むべき「男性育休」とは? 《参加者募集》

2021年12月9日

セミナータイトル画像

   参加申込はこちらから


 「イクボス同盟ひろしま」の活動の一環として,『男性育休』をテーマにしたオンラインセミナーを開催します。
 
 (公財)日本生産性本部が実施した新入社員を対象にしたアンケート調査「2017年度 新入社員 秋の意識調査」では,男性新入社員のうち約8割が「子供が生まれたときには育児休暇を取得したい」と回答しており,また,他の民間企業の調査でも8割以上が育休を希望し,さらに希望する育休期間は1か月以上が多数を占める結果となっています。
 また,改正「育児介護休業法」が2022年4月から段階的に施行されることにより,企業による育休取得の働きかけが義務化されます。

 今回,男性育休推進の第一人者である,NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也 氏をお迎えして,「男性育休推進は社会を変えるボウリングの1番ピン」と題して,男性育休推進が企業や社会に与える影響を分かりやすくお伝えします。

 この機会にぜひご参加いただき,男性育休を考えるきっかけにしていただければと思います。
 皆様のご参加をお待ちしております。

※イクボス同盟ひろしまメンバー以外の方もご参加いただけます。


セミナー概要

名称 (イクボスセミナー) 今,企業が取り組むべき『男性育休』とは?
日時 令和4年1月13日(木曜日) 14時00分~15時30分
場所 オンラインZoom開催
対象 県内企業の方(経営者,人事労務担当者,従業員 等)
※イクボス同盟ひろしまメンバー以外の方もご参加いただけます。
参加費 無料
内容 14:00~15:00 基調講演 『男性育休推進は社会を変えるボウリングの1番ピン』
・講師:NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表理事 安藤哲也 氏
15:00~15:30 質疑応答&意見交換
主催 イクボス同盟ひろしま「広島部会」
(広島県商工労働局働き方改革推進・働く女性応援課)

 


セミナーのチラシを見る (PDFファイル)(1.04MB)

セミナー参加までの流れ

STEP1step2step3

Step1 セミナー申込

セミナーへの参加は事前申込が必要です。

※広島県内に事業所がある企業向けのオンラインセミナーです。県外からの申込はお断りする場合があります。

参加申込はこちらから

Step2 受講環境の確認

本セミナーはWebセミナーでの開催となりますので,参加者各自で受講環境をご準備ください。

  1. パソコン,もしくはタブレット・スマートフォン端末及び,インターネット接続環境をご準備ください。
  2. 事前に,Zoomへの接続テストを実施していると,セミナー当日がスムーズに参加できます。
    テスト接続に関する操作説明こちらのサイトでご確認ください。
    Zoom操作に関する説明は,こちらのサイトに掲載しておりますのでご活用ください。

Step3 招待メールから参加

  1. 1月7日(金曜日)を目途に事務局からセミナーへの招待メールが届きます。
  2. 招待メールに記載されているURLをクリックし,セミナーに参加してください。
    ※開演5分前には入場してお待ちください。

講師紹介

安藤氏

1962年生まれ。二男一女の父親。明治大学卒業後,出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年に父親支援事業を展開するNPO法人ファザーリング・ジャパンを設立し代表に。「笑っている父親を増やしたい」と講演や企業向けセミナー、絵本読み聞かせなどで全国を歩く。最近は,男性育休推進や管理職養成事業の「イクボス」で企業・自治体での研修も多い。2012年には児童養護施設の子どもたちの自立支援と子ども虐待やDVの防止を目的とするNPO法人タイガーマスク基金を立ち上げ代表理事に就任。2017年には「人生100年時代の生き方改革=ライフシフト」をテーマにライフシフト・ジャパン株式会社を設立し取締役会長に就任。
厚生労働省「イクメンプロジェクト推進チーム」,内閣府「男女共同参画推進連携会議」,内閣府「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」委員,東京都「子育て応援とうきょう会議」,にっぽん子育て応援団 共同代表等も歴任。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか?