ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

若者の社会動態に関する意識調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月2日更新

若者の社会動態に関する意識調査について

 「ひろしま未来チャレンジビジョン」の見直しと合わせて策定する,広島県の人口ビジョンと「広島県まち・ひと・しごと創生総合戦略(仮称)」の基礎資料とするため,県内の高校生,大学生及び,東京圏又は大阪圏に在住する広島県出身の若者を対象に意識調査を実施しました。

調査目的

 本県からの転出超過の要因となっている県内の高校生及び大学生と,今後,県内への転入が期待される東京圏と大阪圏に在住する若者を対象に意識調査を行うことで,その定住や移住希望等を把握し,広島県人口ビジョン,「広島県版まち・ひと・しごと総合戦略(仮称)」の検討に活用する。

調査期間

平成27年4月~5月

調査対象等

調査対象
1 県内高等学校に在籍する生徒

・回収数 1,478人(男性827人,女性643人,性別不明8人)

・調査方法 学校配布・学校回収

2 県内大学・短期大学に在籍する学生

・回収数 1,864人(男性711人,女性1,142人,性別不明11人)

・調査方法 学校配布・学校回収又はインターネット調査

3 広島県出身で,東京圏又は大阪圏に居住している人

※15~34歳の若者を対象

・回収数 844人(東京圏566人,大阪圏278人)(男性489人,女性355人)

・調査方法 インターネット調査

主な設問
1県内高等学校に在籍する生徒卒業後の進路希望
進学・就職を希望する地域広島県内・広島県外を希望する理由
志望校・就職先を検討する際に重視すること
進路の検討開始時期
2県内大学・短期大学に在籍する学生出身県への進学希望の有無(入学前)出身県・出身県以外を希望していた理由
就職を希望する地域広島県内・広島県外を希望する理由
就職先を検討する際に重視すること
就職先の検討開始時期

3広島県出身で東京圏又は大阪圏に居住している人

東京圏・大阪圏で暮し始めたきっかけ

当時,進学を希望していた地域広島県内が希望だったが,結果として県外へ進学た理由
志望校を検討する際に重視したこと
当時,就職を希望していた地域広島県内が希望だったが,結果として県外へ就職した理由
就職先を検討した際に重視したこと
広島県への移住の検討状況具体的な検討時期
今後,移住を検討するきっかけ
移住を検討する際に重視すること
移住を検討するうえでの困りごと
移住する予定がない理由

調査結果

 

このページに関連する情報

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ