ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 月刊Go!ひろしま(令和4年6月号)

月刊Go!ひろしま(令和4年6月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月8日

月刊Go!ひろしまみんなの声バナー お便りとメガホン(アイキャッチ)

令和4年6月号

こんにちは!
前回の「月刊Go!ひろしま」はいかがでしたか?
広島県の「行ってみたい」「行ってよかった」スポットについて,皆さんの声を投稿いただきありがとうございました。

皆さんからは,定番の観光スポットである宮島がやっぱりよかった!という声や観光業の盛んな生口島に行ってみたい!という声が挙がりました。
他にも「行ってみたい」「行ってよかった」市町として三原市が挙がりました。
この他にも広島県には魅力あるスポットがたくさんあるので,機会を見つけてぜひお出かけしてみてくださいね♪

生口島
(画像:広島県観光連盟)

さて,6月号の今回は,リクエストのあった「興味のある仕事の見つけ方」をテーマに,大阪ふるさと情報コーナーで職業アドバイザーとして活躍している岡林さんからのアドバイスをご紹介します!

=========================
皆さん,こんにちは!職業アドバイザーの岡林です。

さて,学生さんからよくいただくご質問の1つに,『自分に向いている仕事が何かわからない』があります。
職業アドバイザーとして勤務している8年間,学生さんと一緒にこの課題に取り組む中で,この質問の展開方法は2つあると感じています。

1つ目は,案外見落としがちなのですが,<どんな職種・業種があるかを知る>ことです。
学生さんに,「こういう職種って興味ある?」と質問すると,「そんな職種があったこと知らなかったです!!」と目をキラキラさせてくれることが多々あります。
「知った上で選ばない」と,「知らないから選べない」では,就職先の選択肢の幅が変わります。
職種や業種はインターネットでも調べられますが,意識してみると,日常目にすることにはたくさんの職種・業種が関わっていると気づくことができます。

例えば,皆さんが「コンビニでお茶を買う」までに登場する職種は,「コンビニの店員さん」だけでなく,「そのお茶のラベルをデザインする人」「こんなお茶を作りましょうと企画する人」「このお茶をこう宣伝しましょうと広報する人」
「このお茶を店舗においてくださいと営業する人」「このお茶,これだけ売りましたと請求書を作る人」「その人たちの経費や給料が滞りなく届くように管理する人」,他にも様々な職種があります。
一旦,上記の中で興味のあること,興味のないことを選んでみてください。選ぼうとした時に,自問自答がでてきます。
選ぶためにも,迷うためにも素材が必要です。そのために「どんな職種・業種があるかを知る」ことが必要となります。

2つ目は,<自分に向いている事は何かを知る「自己分析」を行う>ことです。
ただ,自己分析をしたほうがいいとは聞いているけど,その方法がわからないから困っているという方も多いのではないでしょうか?
そういう時は,プロに頼ってみましょう。キャリアセンターには,「キャリアコンサルタント」という国家資格を持った専門職の方がいらっしゃる場合があります。
キャリアコンサルタントは,専門職として様々な提案方法をもっています。もちろん,私もキャリアコンサルタントとして自己分析のサポートを行っています。
第三者にサポートしてもらう方法,とてもおすすめです。

お伝えしたいことはまだまだたくさんあります。是非,オンラインで個別相談をしてくださいね。皆さんの一歩一歩を,心より応援しております。

=========================

岡林さん,ありがとうございました!
就職情報コーナーやキャリアセンターも積極的に活用して,興味がある仕事を見つけてみてください。
また,広島県の多様な業界や企業の特徴,魅力を知ることができる「ひろしま業界マップ」も,「Go!ひろしま公式LINE」に掲載しているので,そちらもぜひご覧くださいね。

最後に,就活や大学生活を頑張っている皆さんの声を一部紹介します☆

 ○大学卒業後は地元就職しようと考えているので、今のうちから良い職業を探している(三原市民・県外大学生1年生)

Uターン就職を希望されているということで,広島県で働く者として嬉しい限りです!筆者も大学時代を県外で過ごした結果,広島県の魅力に気づき,広島へのUターンを決めました。
皆さんが興味のある業界や次号以降で取り上げてほしい話題について,皆さんの声も聞かせてくださいね。
LINEアンケートフォームからご回答ください♪

▼就職情報コーナーの予約は,「Go!ひろしま公式LINE」またはこちらのリンクから

▼ひろしま業界マップを見るには,「Go!ひろしま公式LINE」から

▼Go!ひろしま公式LINEの友達登録がまだの方は下記画像から
公式LINE登録