このページの本文へ
ページの先頭です。

総研の技術をオンラインで紹介!(令和2年10月20日開催)

印刷用ページを表示する掲載日2020年9月12日

 広島県立総合技術研究所は,島根県産業技術センター,岡山県工業技術センター,山口県産業技術センターと合同で,新技術術説明会(科学技術振興機構共同主催)をオンライン(Zoomウェビナー)開催します。

 今年度は“ものづくり技術”をテーマに,各県研究機関から取得特許をベースにした選りすぐりの保有技術を紹介します。広島県立総合技術研究所からは,次の2テーマを紹介します。

・細胞などを生きたまま観察可能にする電子線取り出し窓
 ダイヤモンドライクカーボンを利用して,電子透過性に優れた電子取り出し窓を開発しました。この技術を用いると,従来,困難であった大気中での生物試料(細胞など)の観察が可能になります。

・高硬度,高熱伝導でかつ複雑形状なダイヤ部品をめっきで作る
 めっきの技術と組み合わせ,複雑形状に対応したダイヤモンド膜を作製する技術を開発しました。この技術を使うことで,高硬度な内面を持つパイプなどの材料を作製することができます。

 参加申込は次の科学技術振興機構の新技術説明会のサイトから登録をお願いします。従来の会場での発表会と異なり,気軽に視聴できます。ご関心のある企業関係者様からの申し込みをお待ちしております。

開催概要

日 時:令和2年10月20日(火) 12:55~15:55
会 場:Zoomビデオウェビナーによるオンライン開催
参加費:無料
主 催:科学技術振興機構,島根県産業技術センター,岡山県工業技術センター,広島県立総合技術研究所,山口県産業技術センター

プログラム

時 間 タイトル 発表者
12:55~
 13:00
開会挨拶 広島県立総合技術研究所
所長 渡邉 康人
13:00~
 13:25
印刷法を用いて多彩な検出を自在設計するセンシング技術 島根県産業技術センター
専門研究員 岩田 史郎
13:30~
 13:55
細胞などを生きたまま観察可能にする電子線取り出し窓 広島県立総合技術研究所
部長 縄稚 典生
14:00~
 14:25
高硬度、高熱伝導でかつ複雑形状のダイヤ部品をめっきで作る 広島県立総合技術研究所
主任研究員 本多 正英
14:30~
 14:55
高速ミキサーを用いた耐水性粉体の製造方法 山口県産業技術センター
グループリーダー 前 英雄
15:00~
 15:25
切削加工におけるオイルレス極少量潤滑技術の開発 山口県産業技術センター
専門研究員 椙本 英嗣
15:30~
 15:55
天然ウォラストナイトセラミックス多孔体の製造方法 山口県産業技術センター
専門研究員 細谷 夏樹
高耐食・高密着を実現するハードコーティング技術
 (Webサイトでの技術紹介のみです)
岡山県工業技術センター
専門研究員 國次 真輔
 

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする