このページの本文へ
ページの先頭です。

令和2年度「経営者と語ろう」

印刷用ページを表示する掲載日2021年3月22日

3月3日(水曜日)13時から技術短期大学校の授業の一環として,賛助会 会長 西川 正洋氏(西川ゴム工業株式会社 代表取締役会長)においでいただき,『経営者と語ろう』と題して,経営を取り巻く状況や卒業制作について,ご意見をいただきました。まず,経営を取り巻く状況として,DX・IoT・AIの導入が喫緊の課題であり,企業として死活問題になると強く語っておられました。また卒業制作については,学生が課題について説明し,それぞれの製作品を見ながら楽しそうに質問をされていました。最後に,学生に対して,英語を勉強してほしい,あいさつの質を考えてなどなど,就職する上での貴重なアドバイスをいただきました。
今回の講義から,第4次産業革命と言われ,またコロナ禍でたいへんな社会情勢の中,企業を取り巻く緊迫した状況を大いに感じられたと思います。また,就職にあたってのいろいろなアドバイスがあり,今後仕事をするに当たって,考えるきっかけになることを願っています。
 自社を取り巻く近況について 金属鋳造によるディスプレイモデルの製作
 的当てゲームの製作 プレスおよび樹脂金型の製作
 マイコン制御による機器の製作 電気自動車の製作

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする