このページの本文へ
ページの先頭です。

【募集終了しました。】緩和ケア薬剤師研修

印刷用ページを表示する掲載日2020年8月19日

★★★令和2年度の募集は終了しました。★★★

研修の目的

 緩和ケアに関する薬剤師としての専門的知識と技術を習得し,地域や施設において緩和ケアを提供できる人材を育成する。

 

対象者

 次の要件をすべて満たし,全課程(2日間)をすべて出席できる者

  1. 県内の病院,施設,又は保険薬局に勤務する薬剤師
  2. 緩和ケアに携わっている者,又は近い将来緩和ケアに携わりたいと希望している者

 

定員

 40名 (選考あり)

 

日時

 令和2年9月27日(日曜日) 9時30分~16時10分
 令和2年10月4日(日曜日) 9時30分~16時45分〔全2日間〕

 

会場

 1日目:広島県歯科医師会館 2階ハーモニーホール (広島市東区二葉の里3-2-4) 


 2日目:広島県薬剤師会館 2階ふたばホール (広島市東区二葉の里3-2-1)

 

【研修プログラム】

  時間 プログラム 講義時間
1日目 9時30分~9時40分 オリエンテーション 10分
9時40分~10時10分 診断時からの緩和ケア 30分
10時10分~10時55分 在宅緩和ケアの実際 ~在宅医の立場から~ 45分
11時05分~12時10分 在宅緩和ケアの実際 ~訪問看護師の立場から~ 65分
13時10分~16時10分 がん医療におけるコミュニケーション技術 180分
2日目 9時30分~11時00分 緩和ケアにおける身体症状の対応 90分
11時10分~11時55分 在宅緩和ケアの実際 ~在宅薬剤師の立場から~ 45分
13時00分~13時45分 在宅緩和ケアの実際 ~介護支援専門員の立場から~ 45分
13時45分~15時15分 緩和ケアにおける痛みの
アセスメントと鎮痛剤の使い分け
90分
15時25分~16時45分 在宅緩和ケアチームでの薬剤師の役割・
緩和ケアにおける薬薬連携
80分
合計 680分

受講料

 6,000円
 ※受講決定通知と一緒に振込用紙を送付します。(納金後の返金はできません。)
 ※研修に要する交通費・宿泊費・食費・傷害保険料は自己負担となります。

 

申込方法

 受講申込書(別紙様式1)に必要事項を記入し,薬剤師免許証の写しを添付して,郵送で申し込んでください。

  • 申込書送付先
    〒732-0057 広島市東区二葉の里3-2-1
    広島県薬剤師会(担当者:中村)
  • 申込締切
    令和2年8月17日(月曜日) 必着

 

受講決定及び通知

 本人あてに受講決定の通知を送付します。
 なお,申込多数の場合は調整することがありますので,あらかじめ御了承ください。

 

実施要領・チラシ・申込書のダウンロード

 

その他

 駐車場には限りがありますので,できるだけ公共交通機関でお越しください。
 ※事前課題の提出をお願いする場合があります。

 

問い合わせ先

  • 広島県薬剤師会 (担当者:中村)
    電話番号: 082-262-8931
  • 広島県健康福祉局がん対策課  がん共生グループ (担当者:隅田)
    電話番号: 082-513-3093(ダイヤルイン)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする