ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
がんネットを検索 google

乳がん医療ネットワーク|医療機能群について

検診実施施設

機能

乳がんの検診機能

 目標

 ●がん検診の受診率や精度の向上を図ること

 医療機関に求められる事項

○次に掲げる要件を全て満たしていること。

 (1) 日本医学放射線学会の定める使用基準を満たしたマンモグラフィ装置を有していること。
 (2) マンモグラフィの撮影は,マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定試験でBランク以上とされた撮影認定診療放射線技師・医師によって行われること。あるいは,マンモグラフィ検診精度管理中央委員会マンモグラフィ検診画像認定施設であること。
 (3) マンモグラフィの読影は,マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定試験でBランク以上とされた読影認定医によって,二重読影が行われること。(二重読影は,他施設へ委託して実施される場合を含む。)
 (4) 原則として,マンモグラフィ検査と視触診を併用して行っていること。(視触診を他施設へ委託して実施される場合を含む。)
 (5) 検診受診者数と検診結果について,定期的に報告(公開)することができること。

  ページの先頭へ

精密診断施設

 機能

乳がんの精密診断機能

目標

●精密検査や確定診断を実施すること
●手術適応のない乳房の疾患の経過観察を実施すること

医療機関に求められる事項

○次に掲げる事項を全て満たしていること。ただし,(10)について,認定初年度から5年以内に整備できるものについては,「暫定認定施設」として認定する。

 (1) 乳がん診療ガイドラインに則した診療を実施していること。
 (2) 認定された検査機関のマンモグラフィ検査においてカテゴリー3以上の評価を受けた者,自覚症状を有する者などに対して,診断のための専門的な検査が実施できること。
 (3) 超音波検査が実施できること。
 (4) 検診施設の基準を満たす装置と撮影条件で得られたマンモグラフィ画像を用いて,マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の認定試験でBランク以上とされた読影医師による診断ができること。
 (5) 穿刺吸引細胞診(aspiration biopsy cytology:ABC),または針生検(Core needle biopsy:CNB),または摘出生検が実施できること。(病理診断は,外部委託による場合を含む。)
 (6) MRI・CT・マンモトーム検査が実施できること(他施設へ委託して実施される場合を含む。)
 (7) フォローアップ定期検査施設として,経過を観ることができること。
 (8) 精密検査結果のフィードバック等,がん検診の精度管理に協力することができること。
 (9) 地域がん登録を実施していること。
(10) 日本乳癌学会乳腺認定医以上の資格を有する医師が常駐(常勤)していること。

  ページの先頭へ

周術期治療施設

 機能

乳がんの総合診断・専門的治療機能

目標

●総合診断を実施すること
●集学的治療を実施すること

医療機関に求められる事項

○次に掲げる要件を全て満たしていること。ただし,(18)~(21)について,認定初年度から5年以内に整備できるものについては,「暫定認定施設」として認定する。

 (1) 乳がん診療ガイドラインに則した診療を実施していること。
 (2) 病理診断や画像診断等の総合診断が実施できること。
 (3) 放射線治療装置を有していること。
 (4) 手術療法及び放射線療法,薬物療法等の集学的治療が実施できること。
 (5) 異なる専門分野間の連携によるチーム医療を実施できる体制があること。
 (6) 手術の施行に当たって,乳房温存手術やセンチネルリンパ節生検が実施できること。
 (7) 術後の標準的な補助療法が実施できること。
 (8) 外来での薬物療法を実施していること。(外来化学療法加算届出受理医療機関であること。)
 (9) 治療の初期段階から緩和ケアが実施できること。
(10) 専門的な緩和ケアチームを配置していること。
(11) 日本乳癌学会乳腺認定医以上の資格を有する医師が常駐(常勤)していること。
(12) セカンドオピニオンに対応できること。
(13) 地域がん登録及び院内がん登録を実施していること。
(14) 相談支援の体制を確保し,情報の収集・発信,患者・家族の交流の支援等を実施していること。
(15) 広島県乳がん医療ネットワークフォローアップ治療施設と,診療情報や治療計画を共有するなどの連携が可能であること。(退院後の緩和ケア計画を含む。)
(16) 原則として,一連の治療が終了後,全身状態の安定が確認されるまで経過を観ることができること。
(17) 乳腺外来が設置されていること。または,1年以内に設置ができること。
(18) 日本乳癌学会認定施設もしくは関連施設(手術)であること。
(19) 日本乳癌学会乳腺専門医の資格を有する医師が常駐(常勤)していること。
(20) できれば,同時乳房再建が実施できること。
(21) 乳がん専門医を育成する体制があること。
(22) 乳がん診療に従事する医師が,広島県がん対策推進計画に基づく「緩和ケア研修」を修了していること。

  ページの先頭へ

フォローアップ治療施設

 機能

乳がんの術後治療・経過観察機能

目標

●専門的ながん治療を受けた患者に対する治療後のフォローアップを実施すること

医療機関に求められる事項

○次に掲げる事項を含め,該当する医療機関は乳がん診療ガイドラインに則した診療を実施し,周術期治療施設等と診療情報や治療計画を共有するなどの連携が可能であること

○(A)(E)の施設については,乳がん診療に従事する医師が,広島県がん対策推進計画に基づく「緩和ケア研修」を修了していること。但し平成27年度末までに整備できるものについては「暫定認定施設」として認定する。

○(B)(C)(D)の施設については,乳がん診療に従事する医師が,広島県がん対策推進計画に基づく「緩和ケア研修」を修了していることが望ましい。

(A) 化学療法実施施設

 (1) フォローアップ型の化学療法実施施設として,周術期治療施設と連携しながら治療を行うことができること。
 (2) 術後の化学療法(ホルモン剤・抗がん剤等)が実施できること。

(B) 放射線療法実施施設

 (1) 術後の放射線療法が実施できること。
 (2) 原則として,日本放射線腫瘍学会認定医が常駐(当分の間,非常勤による場合を含む。)していること。

(C) 術後リハビリ・後遺症ケア実施施設

 (1) 喪失した機能回復のためのリハビリテーションが実施できること。
 (2) リンパ浮腫に対する治療が実施できること。

(D) 術後定期検査施設

 (1) 術後の定期検診が実施できること。
 (2) 超音波検査が実施できること。
 (3) 穿刺吸引細胞診(aspiration biopsy cytology:ABC),または針生検(Core needle biopsy:CNB),または摘出生検が実施できること。(病理診断は,外部委託による場合を含む。)
 (4) マンモトームによる検査が実施できること。(他施設へ委託して実施される場合を含む。)
 (5) MMG・MRI・CT・骨シンチ・PET-CT検査が実施できること。(他施設へ委託して実施される場合を含む。)

(E) 療養支援施設 (a,b,c に分類)

(E-a)
 (1) 緩和ケア病棟を有していること。

(E-b)
 (1) 一般病床・療養病床において,疼痛等に対する緩和ケアが24時間体制で実施できる施設であること。

(E-c)
 (1) 在宅療養支援病院又は,在宅療養支援診療所の届出が行われていること。
 (2) 24時間対応が可能な在宅医療を提供していること。
 (3) 看取りを含めた終末期ケアを24時間体制で提供すること。
 (4) 疼痛等に対する緩和ケアが実施できること


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp