ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
がんネットを検索 google

ゲル充填人口乳房及び皮膚拡張器植込み患者等に対する情報提供について

トップページお知らせ一覧>ゲル充填人口乳房及び皮膚拡張器植込み患者等に対する情報提供について

ゲル充填人口乳房及び皮膚拡張器植込み患者等に対する情報提供について

 令和元年10月1日,アラガン・ジャパン株式会社のゲル充填人工乳房及び皮膚拡張器の自主回収を受け,日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会,日本形成外科学会,日本乳癌学会及び日本美容外科学会は,患者に向けた情報提供資料(以下「情報提供文書」という。)を改訂しました。

 同文書においては,特にゲル人工乳房が植え込まれている方への情報提供として,症状のない方に対する予防的なゲル充填人工乳房の摘出を行う必要はないとされています。また,ゲル充填人工乳房の破損や合併症の早期発見のために,自己検診と医療機関での定期検診を継続して行うことが推奨されています。

 詳しくは,広島県薬務課のページに掲載していますので,ゲル充填人工乳房による乳房再建を希望されている方,乳房再建用皮膚拡張器の手術を受け,乳房再建を待機されている方及びゲル人工乳房による乳房再建を受けた方におかれましては,次のページをご確認くださいますようお願いします。

・乳房インプラントについて(薬務課)

 

 


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp