ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ


広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
文字サイズの変更 サイトマップ 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト 広島がんネット 広島県のがん情報サポートサイト
google

在宅緩和ケア講演会「看取られてなくなる人々と,天災・人災による突然死を迎えた人々のご遺族への寄り添いとは,」の開催案内(2015年9月26日)

トップページ研修・セミナー一覧>在宅緩和ケア講演会の開催案内

◆平成27年度 在宅緩和ケア講演会
「看取られてなくなる人々と,天災・人災による突然死を迎えた人々のご遺族への寄り添いとは,
 ~戦後70年と広島土砂災害に心を寄せて~」 の開催について

更新日:2015年7月8日

主催

広島県緩和ケア支援センター
(県立広島病院)

後援

一般社団法人広島県医師会,一般社団法人広島市医師会,一般社団法人広島県歯科医師会,
公益社団法人広島県薬剤師会,公益社団法人広島県看護協会,広島県地域包括ケア推進センター

開催日時

平成27(2015)年9月26日(土曜日) 14時~16時

場所

広島国際会議場 ヒマワリ
(広島市中区中島町1−5)


 対象者

県民 及び 在宅緩和ケアに携わる保健医療福祉関係者 等

参加費

無料

プログラム

 がん患者さんが,住み慣れた家庭や地域で療養し生活することが選択でき,また,それを支援する家族,関係や,地域社会の取り組みの推進及び,在宅緩和ケアの啓発と体制の充実を図るため,永年終末期にある人々のスピリチュアルや悲嘆にある人々の心のケアに携わっておられる高木慶子先生にご講演していただきます。

13時30分~開場
14時00分~あいさつ
広島県健康福祉局 医療・がん対策部長      金光 義雅
14時10分~講演
【座長】 広島県緩和ケア支援センター長      本家 好文
【テーマ】
 『看取られてなくなる人々と,天災・人災による突然死を迎えた人々のご遺族への寄り添いとは,
      ~戦後70年と広島市の土砂災害に心を寄せて~』

【講師】 上智大学グリーフケア研究所 特任所長      高木 慶子 先生
16時00分閉場 (予定)

※画像をクリックすると拡大表示されます。
 案内チラシ
  pddf 案内チラシ (PDF:732KB)

申込方法

事前申し込み不要

お問い合わせ先

広島県緩和ケア支援センター 緩和ケア支援室
〒734-8530 広島市南区宇品神田1-5-54
TEL:(082)252-6262 (直通)
FAX:(082)252-6261

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


広島県健康福祉局がん対策課
mail:fugantaisaku@pref.hiroshima.lg.jp