このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

給食施設におけるひろしま食育ウィークの取組結果について(H30年度)

印刷用ページを表示する掲載日2019年2月1日

 本県では,10月19日を「ひろしま食育の日」とし,その日を含む週を「ひろしま食育ウィーク」としています。
 今年度,ひろしま食育ウィークに合わせ,児童福祉施設,事業所,寄宿舎などの給食施設において給食を通じた食育を推進するため,広島県教育委員会の実施する「ひろしま給食100万食プロジェクト」の5品のメニューを活用し,野菜たっぷりメニュー,減塩メニューを提供しました。

取組内容

 「減塩」・「野菜たっぷり」を重点的に取り組むこととし,各保健所(支所)の管理栄養士が,対象施設に働きかけ,メニューの提供とあわせて,食育ウィークの啓発を進めました。

対象施設

 給食施設(特定多数の方に継続的に食事を提供する施設)のうち,「児童福祉施設」,「事業所」,「寄宿舎」に該当する施設及びその他協力が得られた施設

実施期間

 平成30年10月14日(日曜日)~10月20日(土曜日)(ひろしま食育ウィーク:「ひろしま食育の日(10月19日)」を含む週)
 (協力が得られた施設においては期間外であっても食育ウィークの取組として実施)

各施設における取組

 「ひろしま給食100万食プロジェクト」のメニューのいずれかを活用した給食の提供 

(1)ひろしまオールスター★担々丼
(2)タコポテサラダじゃこ~!!!
(3)野菜ごろごろおと姫トマトソース
(4)大根と鶏肉の瀬戸内さっぱり煮
(5)フレーフレー!!サンフレぶどうゼリー

 【条件】
今年度は,塩分2.5g以下,野菜を多く摂取(1食分120g程度)を目標とし,利用者への情報提供(献立や栄養量などの情報を食堂内などに掲示)を行うこととしました。

実施結果

 各施設の管理栄養士等が,利用者の健康のため,利用者に喜んで食べていただけるよう,メニューの提供に取り組みました。施設の種類ごとに工夫されていますので,その取組の一例をご紹介します。

児童福祉施設

世羅町立せらにし保育所(世羅町)

 10月18日に「野菜ごろごろトマトソース」を給食に提供。献立表や給食だよりで利用者にお知らせ。

 【取組のポイント】

 ひろしま食育ウィークにあわせ,100万食プロジェクトメニューを活用して食に対する意識向上をめざして取り組まれました。

給食だより (PDFファイル)(766KB)

【施設の感想】

 ・ケチャップ味で食べやすいようだった。
 ・県内のお姉ちゃんが考えたメニューであることを伝えると子どもたちは喜んで食べていた。

 

事業所

グリーンホスピタリティフードマネジメント シャープ東広島(東広島市)

 10月19日に,「野菜ごろごろおと姫トマトソース」「大根と鶏肉の瀬戸内さっぱり煮」「タコポテサラダじゃこ~!!!」「ひろしまオールスター★担々丼」を提供。ポップやプライスカードを用いた利用者への情報提供を実施。

 【取組のポイント】

 ひろしま食育の日のメニューとして,4つのメニューを取り入れ,減塩,野菜を意識したメニューとして食育に取り組まれました。

 【施設の感想】

 ・ひろしまオールスター★担々丼は辛さとちりめんじゃこの食感がよい。

 ・タコポテサラダじゃこ~!!!で,ポテトサラダにはっさくが入っているのは斬新。

 ・瀬戸内さっぱり煮はマーマレードの風味と大根がよく合う。

自衛隊

海上自衛隊第1術科学校(江田島市)

 10月15日に「野菜ごろごろおと姫トマトソース」を含む給食を提供。ポスターや給食だより,展示等で利用者にお知らせ。

 【取組のポイント】

 施設内情報共有ポータルで,この取組についての情報発信をされました。

 【施設の感想】

 ・1品でたくさんの野菜を食べることができてよかった。

 ・トマトソースが野菜とすごく合って,おいしかった。

海上自衛隊第1術科学校取組 (PDFファイル)(406KB)


 この他にも,「ひろしま給食100万食プロジェクト」のメニューの提供や,ふだんの給食よりも,「減塩」・「野菜たっぷり」の給食の提供に取り組んでくださった施設は109施設,計20,561食が提供されました。ご協力ありがとうございました。

食育ウィーク協力施設一覧 (Excelファイル)(72KB)

★減塩料理のポイント10

 料理の際に次のようなことに気をつけると,塩分は少なくても満足度がアップします。皆さんもぜひ取り組んでみてください。

 ★ 旬の食材を使う。

 ★ だしのうまみを活かす。

 ★ 酸味,辛味,香りを利用する。(酢,レモンやゆずなどのかんきつ類,こしょうなどの香辛料,しょうがなどの香味野菜,ハーブ)

 ★ 油脂の旨みを利用する。

 ★ 表面に味をつける。

 ★ 煮物は塩分が多い調味料(しょうゆ・みそ)は火をとめる直前に入れる。

 ★ かける調味料は,付けて食べる。

 ★ 各おかずは味付け(調味料)をかえてみる。(魚の塩焼き(塩)・酢物(酢)・ポテトサラダ(マヨネーズ)等)

 ★ 味にメリハリをつける。(1品はご飯の進む料理,他は塩分控えめの料理)

 ★ 味噌汁は具だくさんで,汁半量にする。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする