ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

給食施設におけるひろしま食育ウィークの取組結果について(H29年度)

印刷用ページを表示する掲載日2018年3月26日

 本県では,10月19日を「ひろしま食育の日」とし,その日を含む週を「ひろしま食育ウィーク」としています。
 今年度,ひろしま食育ウィークに合わせ,児童福祉施設,事業所,寄宿舎などの給食施設において給食を通じた食育を推進するため,広島県教育委員会の実施する「ひろしま給食100万食プロジェクト」の5品のメニューを活用し,減塩メニューを提供しました。

取組内容

 「減塩」・「野菜たっぷり」を重点的に取り組むこととし,各保健所(支所)の管理栄養士が,対象施設に働きかけ,“減塩メニュー”の提供などを進めました。

対象施設

 給食施設(特定多数の方に継続的に食事を提供する施設)のうち,「児童福祉施設」,「事業所」,「寄宿舎」に該当する施設及びその他協力が得られた施設

実施期間

 平成29年10月15日(日曜日)~10月21日(土曜日)(ひろしま食育ウィーク:「ひろしま食育の日(10月19日)」を含む週)
 (協力が得られた施設においては期間外であっても食育ウィークの取組として実施)

各施設における取組

 「ひろしま給食100万食プロジェクト」のメニューのいずれかを活用した給食の提供 

(1)熱く燃えろ!!Cスープ
(2)ひろしまいい子いりこ
(3)広島名物たっぷり塩レモン焼きそば
(4)ひろしま愛あんかけ
(5)広島レモン入り小松菜マドレーヌ

 【条件】
今年度は,塩分2.5g以下,野菜を多く摂取(1食分120g程度)を目標とし,利用者への情報提供(献立や栄養量などの情報を食堂内などに掲示)を行うこととしました。

実施結果

 各施設の管理栄養士等が,利用者の健康のため,利用者に喜んで食べていただけるよう,メニューの提供に取り組みました。施設の種類ごとに工夫されていますので,その取組の一例をご紹介します。

児童福祉施設

竹原市立保育所6カ所(竹原市)

 10月20日に「熱く燃えろ!Cスープ」を給食として提供。献立表や給食だよりの配付,展示食で利用者にお知らせ。

 【取組のポイント】

 ひろしま食育ウィークにあわせ,子どもたちの課題である「早寝・早起き・朝ごはん」と「箸の持ち方」について声かけをしながら取り組まれました。

竹原市展示食

 給食だより (PDFファイル)(604KB)

【施設の感想】

 ・しらすとベーコンでよく“だし”が出ていた。
 ・汁の色がカープの赤で,イメージが良かった。
 ・トマトの苦手な子もおいしく食べられていた。 

事業所

ミヨシ電子株式会社(三次市)

 10月19日に,「熱く燃えろ!!Cスープ」,10月20日に「広島名物たっぷり塩レモン焼きそば」を提供。食堂へのポスター掲示によるお知らせ。

 【取組のポイント】

 食育ウィーク中に2つのメニューを取り入れ,ひろしま給食をアピールされました。減塩,野菜を意識したメニューとして食育に取り組まれました。

ミヨシ電子メニュー (PDFファイル)(334KB)

 【施設の感想】

 ・熱く燃えろ!!Cスープはじゃこがきいていてあっさりしていた。
 ・広島名物たっぷり塩レモン焼きそばは塩分を控えると大人には薄かった。でもレモンは効いていた。

老人福祉施設

特別養護老人ホームやまゆり(北広島町)

 10月17日に「熱く燃えろ!!Cスープ」を含む給食を提供。メニューの掲示等で利用者にお知らせ。

 【取組のポイント】

 献立表の掲示や給食懇談会でこの取組の告知をされました。

 【施設の感想】

 おいしいと言われた。残すかたは少なかった。


 この他にも,「ひろしま給食100万食プロジェクト」のメニューの提供や,ふだんの給食よりも,「減塩」・「野菜たっぷり」の給食の提供に取り組んでくださった施設は114施設,計21,402食が提供されました。ご協力ありがとうございました。

H29食育ウィーク協力施設一覧 (PDFファイル)(262KB)

★減塩料理のポイント10

 料理の際に次のようなことに気をつけると,塩分は少なくても満足度がアップします。皆さんもぜひ取り組んでみてください。

 ★ 旬の食材を使う。

 ★ だしのうまみを活かす。

 ★ 酸味,辛味,香りを利用する。(酢,レモンやゆずなどのかんきつ類,こしょうなどの香辛料,しょうがなどの香味野菜,ハーブ)

 ★ 油脂の旨みを利用する。

 ★ 表面に味をつける。

 ★ 煮物は塩分が多い調味料(しょうゆ・みそ)は火をとめる直前に入れる。

 ★ かける調味料は,付けて食べる。

 ★ 各おかずは味付け(調味料)をかえてみる。(魚の塩焼き(塩)・酢物(酢)・ポテトサラダ(マヨネーズ)等)

 ★ 味にメリハリをつける。(1品はご飯の進む料理,他は塩分控えめの料理)

 ★ 味噌汁は具だくさんで,汁半量にする。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする