このページの本文へ
ページの先頭です。

高見山地区 瀬戸内海国立公園

印刷用ページを表示する掲載日2020年7月1日
公園名 高見山(たかみやま)地区 公園区分 瀬戸内海国立公園
所在地 尾道市向島町 面積 106ha
自然環境
  • 瀬戸内海有数の展望地(標高283m)。名前の由来は,「村上水軍」の見張台があったことによる。
  • 頂上の展望台からは眼下に瀬戸の島々を見下ろすことができ,四国連山を望むこともでき,桜や夕日の名所。
設置目的 瀬戸内海の景観観賞
施設配置の趣旨 展望景観観賞者のための駐車場,展望台,トイレを配置している。






施設名 整備年度
展望台(展望休憩所) 昭和36年
トイレ2箇所 昭和63年~令和元年
駐車場
歩道




歩道
管理者 尾道市 管理方法 管理委託
利用者数 147千人 主な利用目的 瀬戸内海景観観賞
アクセス方法

(自家用車)尾道大橋から車で20分
(公共交通機関)JR尾道駅桟橋から渡船5分,バス「高見山登山口」下車,徒歩40分

問合せ  
展望デッキ1
展望デッキ
展望デッキ2
展望デッキ2
展望台兼トイレ
展望台兼トイレ

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする