ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

黒滝山・白滝山地区 瀬戸内海国立公園

印刷用ページを表示する掲載日2011年12月1日
公園名 黒滝山・白滝山地区 公園区分 瀬戸内海国立公園
所在地 竹原市忠海町・三原市小泉町 面積 103ha
自然環境
  • 瀬戸内海の島々を一望できる自然環境のすぐれた展望地
  • 黒滝山頂には,僧行基の創建とされる石仏や観音霊場の集積地,白滝山には,摩崖仏が多く刻まれるなどの人文資源がある。
  • 黒滝山には観音堂,白滝山頂は龍泉寺の摩崖仏があり,本尊・仏像は県重要文化財に指定されている。
設置目的 瀬戸内海景観の展望(芸予諸島の絶好の展望地点)。
施設配置の趣旨 景観観賞者のための駐車場,トイレ,休憩所を配置している。






施設名 整備年度
バイオトイレ(黒滝山) 平成15年
休憩所(黒滝山) 平成6年
駐車場(黒滝山登山口) 平成11年
トイレ(白滝山) 平成5年
休憩所(白滝山) 平成5年
駐車場(白滝山) 平成5年




黒滝山林道(竹原市)
休憩所(地元企業)
管理者 三原市,竹原市 管理方法 管理委託
利用者数 47千人 主な利用目的 登山・瀬戸内海展望
アクセス方法 JR呉線「忠海」駅下車,黒滝山頂まで徒歩40分 位置図(yahoo)
問合せ  

 

黒滝休憩所
黒滝休憩所
黒滝バイオトイレ
黒滝バイオトイレ
黒滝山頂
黒滝山頂
黒滝途中の碑
黒滝途中の碑
龍泉寺
龍泉寺

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする