ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ひろしま未来チャレンジビジョン チャレンジビジョンとは

石綿(アスベスト)含有の吹付け材等の分析調査

印刷用ページを表示する掲載日2011年11月22日

建材等に使用された石綿は,主にクリソタイル,アモサイト及びクロシドライトとされていましたが,クリソタイル等以外の石綿(トレモライト等)が検出されたことが判明しました。

(1)建築物等の解体等の工事の際には,6種類すべての石綿(クリソタイル,アモサイト,クロシドライト,トレモライト,アクチノライト,アンソフィライト)の有無を確認してください。

(2)過去に行った分析調査においてトレモライト等の有無を未確認の場合には,再度,分析調査を行い,6種類全ての石綿の有無を確認してください。

※ただし,設計図書等により全ての種類の石綿が使用されていないことが明らかである場合は,分析の必要はありません。

◇参考◇

「石綿(アスベスト)に関する情報」のページへ


大気・水・土壌のトップページへ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする