このページの本文へ
ページの先頭です。

毒物劇物製造業・輸入業の登録要件

印刷用ページを表示する掲載日2018年2月15日

 次の2点が満たされないものであるときは,登録することができません。

 (1)人的要件

  • 法第19条2項もしくは第4項の規定により登録を取り消されたことがある場合には,取消の日から起算して2年を経過していること。
  • 毒物劇物取扱責任者を配置すること。

 (2)構造設備的要件

 製造業

一 毒物または劇物の製造作業を行う場所は,次に定めるところに適合するものであること。

 イ. コンクリート,板張り又はこれに準ずる構造とするなどその外に毒物又は劇物が飛散し,漏れ,しみ出もしくは流出,又は地下にしみ込むおそれのない構造であること。
 ロ.  毒物又は劇物を含有する粉じん,蒸気又は廃水の処理に要する設備又は器具を備えていること。

二 毒物又は劇物の貯蔵設備は,次に定めるところに適合するものであること。

 イ.  毒物又は劇物とその他の物とを区分して貯蔵できるものであること。
 ロ.  毒物又は劇物を貯蔵するタンク,ドラムかん,その他の容器は,毒物又は劇物が飛散し,漏れ,又はしみ出るおそれのないものであること。
 ハ.  貯水池その他容器を用いないで毒物又は劇物を貯蔵する設備は,毒物又は劇物が飛散し,地下にしみ込み,又は流れ出るおそれがないものであること。
 ニ.  毒物又は劇物を貯蔵する場所にかぎをかける設備があること。ただし,その場所が性質上かぎをかけることができないものであるときは,この限りでない。
 ホ.  毒物又は劇物を貯蔵する場所が性質上かぎをかけることができないものであるときは,その周囲に,堅固なさくが設けてあること。

三 毒物又は劇物を陳列する場所にかぎをかける設備があること。

四 毒物又は劇物の運搬用具は,毒物又は劇物が飛散し,漏れ,またはしみ出るおそれがないものであること。

 輸入業

 毒物または劇物の輸入業の営業所の設備の基準については,前項第二号から第四号までの規定を準用する。
具体的事例,詳細は個別に御相談ください。

 関連情報

 相談窓口

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする