このページの本文へ
ページの先頭です。

平成25年2月18日(月曜日) 平成25年広島県2月定例会が始まりました 

印刷用ページを表示する掲載日2013年2月18日

 今日から,平成25年広島県議会2月定例会が始まりました。開会に当たり,県政運営の基本的な考え方や来年度における施策の概要などについて説明しました。来年度を「進化」の年と位置付け,1次産業から3次産業まで,幅広く「イノベーション(新たな価値を生み出す)を起す」ことを,平成25年度施策の基本方向とし,施策の更なる重点化を行い,集中的に取り組みます。また,創業の活発化・新事業展開の加速,多様な人材の集積,ファミリー・フレンドリーな魅力創造,社会で活躍する人材の教育など,4つの施策の柱で事業を展開していきます。詳細については,県ホームページの「県の財政・予算」に掲載していますので,ご覧ください。

 H25議会2月定例会01H25議会2月定例会02

 14時30分,増田三次市長,高原安瀬平乳業有限会社の児玉代表取締役,NPO法人元気むらさくぎの橋本副理事長が,日本初「柚子ヨーグルト」を持ってみえられました。この「柚子ヨーグルト」は,平成24年8月4日に三次市で開催された「地域の宝ネットワーク」における,児玉さんと橋本さんの話がきっかけとなって開発されたものです。三次市作木町の柚子果汁を使い,広島県食品工業技術センターの乳酸菌や発酵技術の支援を受け,三次市三和町の高原安瀬平乳業が商品化され,この2月15日から販売されているようです。製造に当たって苦労されたのは,酸度が高い柚子果汁を生乳に添加すると,たんぱく質が沈殿し,ヨーグルトができないそうです。果汁添加量や温度調整をして,課題を解決し,柚子の香りと生乳のまろやかさが渾然一体となったヨーグルトが生まれました。皆さんも是非お召し上がりください。

柚子ヨーグルト02柚子゙ヨーグルト01柚子ヨーグルト03

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする