このページの本文へ
ページの先頭です。

平成24年11月18日(日曜日) 第1回全国仮装大会INおのみち2012に参加しました

印刷用ページを表示する掲載日2012年11月18日

 11時,全国仮装大会INおのみち2012に参加しました。今回は第1回という記念の行事でももあり,私にも是非,仮装を!ということで,今話題の「平清盛」に扮してみました。どうですか?決まっているでしょう(笑)。実際に兜や鎧を付けてみると,これが結構重いんです。これを着たまま動き回るのはとてもハードだと思いますが,昔の武士は凄いですね。ちなみに隣の「ガンダム」に出てくる服装は平谷尾道市長です。

H24尾道仮装01

 今回のイベントには,ひろしま清盛美少女隊,ひろしま清盛くん,そして全力歓迎課の平大盛さんも駆け付けてくれて,ステージなどを盛り上げてくれました。清盛一団と広島カープのマスコット,スラィリーも一緒に記念写真です。

H24尾道仮装02H24尾道仮装03

 全国仮装大会では,尾道市の商店街をパレードした後,仮装コンテストの審査も行われました。多くの参加者があり,どれも個性的で,手作り感のあるものからプロ並みのパフォーマンスまであり,そして,皆さんがとても笑顔で生き生きしている。見ているだけでも大変楽しかったですが参加したらもっと楽しいんでしょうね。商店街や審査会場も大勢の観客と仮装した参加者で賑わい,あっという間に一日が過ぎてしまったように感じました。

H24尾道仮装05H24尾道仮装06H24尾道仮装04

 18時30分,第7回大名庭園民間交流協議会(大名庭園サミット)広島大会の交流懇親会に参加しました。午前中は縮景園でお茶の体験と園内散策,午後には公開シンポジウムとして,上田宗箇流16代家元 上田宗冏様を講師にお迎えし「縮景園と上田宗箇」と題し,基調講演が行われました。その後は縮景園友の会,小石川後楽園庭園保存会,金沢城・兼六園研究会から事例発表が行われ,「大名庭園の環境整備」について熱心に議論されたようです。

 縮景園は,広島藩主浅野長晟(ながあきら)が、1620年から別邸の庭園として築成されたもので、作庭者は茶人で家老の上田宗箇です。昭和15年に,浅野家から広島県に寄付され、国の名勝に指定されました。昭和20年の原爆によって壊滅状態になりましたが,戦災前の景観に復すべく整備をすすめ、清風館、明月亭などの亭館も復元されています。今回,サミットに参加されている皆さま,そして伝統文化を保存しようとされている多くの方々の協力・活動により,縮景園をはじめとする大名庭園が保たれていることについて,感謝の挨拶を行いました。   

大名庭園サミット

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする