このページの本文へ
ページの先頭です。

平成24年11月7日(水曜日) カブール市長の表敬訪問がありました

印刷用ページを表示する掲載日2012年11月7日

 9時30分,アフガニスタン・イスラム共和国カブール市のナウ・アンデシュ・モハマド・ユノス市長ほかの表敬訪問を受けました。一行は,JICAが実施する「カブール市高官対象本邦研修」に招聘され,日本の都市開発・復興関連の視察で広島に訪問されました。広島県では,「紛争からの復興(アフガニスタン奨学プログラム)」などユニタール広島事務所を通じた活動支援を行っています。こうした研修を通じて,研修生が帰国後,自国でその成果を出していただけるよう今後とも支援をしていきたいと思います。

241107241107-1

 10時,株式会社ポプラとの包括的連携に関する協定を締結しました。広島県に本社を置き,全国で700店舗を事業展開するポプラと協定を締結できたのは大変意義深いことだと思います。具体的な取組みとしては,首都圏を中心としたポプラの県外店舗で,広島ブランドショップ「TAU」の売れ筋商品を販売していただいたり,パンフレットの設置や店内放送により,広島県の観光やUターン情報を発信していただけることになります。その他,県産品を利用したオリジナル商品(瀬戸内広島レモンを使ったロールケーキやレモンクリームパイ,温度釜揚げしらすご飯など)の企画・販売や子育て・高齢者・障害者支援など様々な取組みを実施していただけることになりました。これらの取組みを継続していただくとともに,今後も定期的な連携事項を掘り起こし,相互に連携・協力しながら展開していきたいと考えています。

ポプラ協定01ポプラ協定04ポプラ協定05

 11時30分,平成24年度広島県消防関係者表彰式を行いました。多年にわたり自治消防の職務に精励し,その使命の達成に尽くされたり,消防機関の活動への協力や火災予防運動の推進など地域の防火活動に尽くされた方に対する功績をたたえるものです。今年度は,優良消防団員217名,優良消防職員70名,消防関係功労者として,個人2名,1団体,消防団協力事業所2団体,自主防災組織2団体が知事表彰を受けられました。これまでに御尽力に対し,心から感謝申し上げますとともに,引き続き,消防・防災活動や御支援をお願いさせていただきました。

H24消防関係者表彰

 13時,「広島県がん対策サポートドクター(広島県がんよろず相談医)事業の推進に関する協定」を締結しました。広島県では,がん対策日本一の実現を目指し,総合的ながん対策を推進しています。その柱の一つである「がん検診」については,がんの早期発見を目標として,受診率の向上の普及啓発の強化を図りつつ,さらに検診の対象となる方への個別受診勧奨を進めています。

 こうした中で,身近なかかりつけ医の皆様に,「がん対策サポートドクター事業」として,「がん検診の個別受診勧奨」や「がん医療に関する情報提供・相談」などに御協力いただき,「がんよろず相談医」として活動いただくというのが,今回の協定の目的です。広島県と県医師会とは,これまでにも,様々な取組で連携・協力して参りましたが,今回は,医師の皆様に,幅広くがん対策に参画いただく全国で初めての取組となります。

 この取組を進めることにより,がんの早期発見はもとより,患者や家族の皆様の不安を和らげ,適切ながん医療に繋がるなど,大きなメリットがあると考えています。新しく「がんよろず相談医」のポスターも製作していただきました。これを見たら皆さんも「がん検診うけニャー」。「がんにまけん ひろしまけん」をつくりましょう。

がんよろず相談01がんよろず相談02

 15時30分,今年度第3回目の県・市町共同会議を開催しました。今回のテーマは「農林水産業について」で,各町が抱える課題などについて,忌憚のない意見交換をしました。今後とも,こうした会議を通じて,市町との対話を重ね,連携を深めていきたいと思います。

241107-3

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする