このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成24年12月2日(日曜日) 地域の宝チャレンジトークで江田島市を訪ねました

印刷用ページを表示する掲載日2012年12月2日

 10時,第10回県政知事懇談「地域の宝チャレンジ・トーク」に出席するため,江田島市を訪ねました。まず,訪れたのは,切串で行われている江田島市新規就農者育成制度研修現場です。ここでは,きゅうりの栽培実習が行われています。受講生の高橋康治さんは6月から木村勇作さんの指導の下,きゅうりの栽培に取組んでおられます。私もきゅうりのもぎ取りをさせていただきましたが,本当に立派なきゅうりをもぎ取りました。高橋さんには,色々な経験をつんで,農業の立派な担い手となってもらいたいと思います。

241202241202-1

 次に訪れたのは,沖美町の旧沖小学校で開催されているえたじまオリーブ・ミュージアム祭典です。この祭典では,多くのイベントが開催されていて,まず,田中市長と餅まきに参加し,オリーブ搾油機の見学,八幡神楽の観賞,カヌー製作や絵画の展示の見学,江田島オリーブ市民試食会への参加と,祭典を満喫させていただきました。

241202-3241202-5241202-6

 次に,地域の宝ネットワーク交流会に参加しました。交流会には,平成22年の宝さがし参加者など13名に出席していただき,日頃の取り組みについて,情報交換などを行い,相互のつながりを深めました。

241202-7

 続いて,地域の宝チャレンジトークに出席しました。当日は,天候が悪く本当に寒い中,多くの人にお集まりいただきました。今回は,木村さんから「江田島オリーブプロジェクトについて」と題して,広島産のオリーブオイルの商品化に向けての取り組みを,柳川さんから「カキづくりに妥協なし」と題して,東京築地市場などへの販路拡大や夏カキのブランド化などの取り組みについて,前本さんから「地域の活性化に自分ができること」と題して,伝統芸能の伝承活動について,坪木さんから「広島一の中学校に」と題して,生徒会長として学校の伝統を引き継ぎ,礼儀正しく文武両道の学校にするための取り組みについて発表をいただきました。地域の特長を活かした一人ひとり挑戦が,新しい江田島市をつくることを確信しました。皆さん寒い中,本当にありがとうございました。

241202-10241202-11241202-12241202-13241202-14

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする