このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成25年1月20日(日曜日) 第18回ひろしま男子駅伝スタートです

印刷用ページを表示する掲載日2013年1月20日

 天皇杯第18回全国都道府県対抗駅伝競走大会が,12時30分,平和記念公園前スタートで始まりました。今回でスタータ役も4度目となりましたが,スタートを直前にした選手達の緊張感が私に伝わってくるため,何度やっても私も緊張します。中学生から社会人までの選手がチームとなり,郷土の誇りと声援を受け,一本のたすきに熱い思いを込めて,新春の安芸路を舞台に激走する姿は,全国の多くの人に感動や希望を与えてくれます。多くの人が見守る中,大会のスタートです。

250120250120-1

 この後いったん駅伝会場を離れ,13時から行われた「NPOシンポジューム」に出席しました。「共感からはじまる社会貢献」をテーマにシンポジュームは進行され,東ちづるさんの基調講演,パネルディスカッションなどが行われました。広島県では地域を支える様々な主体による「協働社会」づくりの実現に向けて取組を進めていますが,こうしたシンポジュームが,非営利活動に対する理解を深め,積極的に参加していただけるきっかけとなることを期待しています。また,基調講演の前には,第2回ひろしまNPO大賞表彰式が行われ,「特定非営利活動法人あいあいねっと」が,フードバンク事業やコミュニティレストラン事業の活動が評価され大賞を受賞されました。本当におめでとうございます。

250120-2250120-3

 再び駅伝会場である国際会議場に戻り,15時50分から行われたひろしま男子駅伝の表彰式に出席しました。レース結果は,兵庫県が2年連続5度目の優勝を果たされました。本当におめでとうございます。我らが広島県チームは6位と2年ぶりの入賞を果たし,選手みんなのがんばりを誇りに思います。また沿道で応援してくださった多くの方々には,大会を盛り上げ選手に力を与えてくださったことに改めて感謝申し上げます。

250120-4250120-5

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする