このページの本文へ
ページの先頭です。

平成31年1月30日(水曜日)「ひろしま はなのわ2020」開催に向けて実行委員会を設立しました

印刷用ページを表示する掲載日2019年1月30日

10時15分,広島県私立幼稚園教育振興大会に出席しました。
次代を担っていく子供たちが,たくましく健やかに成長していくことは,みんなの願いです。幼児期における教育は,生涯にわたる人格形成の基礎を培う極めて重要なものと考えており,県では,「人づくり」を施策の重要な柱と位置づけて,「遊び 学び 育つひろしまっ子!推進プラン」を策定し,オール広島県で,乳幼児期の教育・保育の質の向上に取り組んでいます。また,昨年4月には,「乳幼児教育支援センター」を設置し,幼稚園などで実務経験のある方を専門職員として迎えるなど体制を強化し,センターを拠点として,家庭教育や幼稚園における教育・保育の充実などの施策を総合的に推進しているところです。一方で,実際に子供たちの育ちを支えていくのは,現場で接している本日ご参加の保護者の皆様や先生方です。皆様におかれましては,今後とも,家庭や地域との連携強化と,私学ならではの特色を十分に発揮され,心豊かな人間性を育む幼児教育の更なる充実のために,一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げます。
12


14時,第37回全国都市緑化ひろしまフェア実行委員会の設立会議と第1回総会に出席しました。
全国都市緑化フェアは,都市緑化に関する意識の高揚や知識の普及を図り,緑豊かな潤いのあるまちづくりに寄与することを目的とし,昭和58年から全国各地で開催されている花と緑の祭典です。 東京オリンピック・パラリンピックに合わせて世界中から多くの方が広島に訪れることが予想され,かつ,被爆75周年という節目の年となる2020年に,全国で初めて,県内全ての自治体が主催者となって,ひろしまフェア(愛称:ひろしま はなのわ2020)を開催することとしました。ひろしまフェアにおいては,広島市に設置するメイン会場や,国営備北丘陵公園,県立3公園の協賛会場と県内各地のスポットイベント会場が連携することにより,広島ならではの花や緑などの地域資源を活用し,県内全域での回遊・交流を生み出し,多くの方々に楽しんでいただけるものにしたいと考えています。さらに,今回のフェアが7月豪雨災害からの復旧・復興を後押しし,県民の皆様に勇気と希望を実感していただけるものとなることを願っています。皆様方のご支援・ご協力をいただきながら,ひろしまフェアの成功に向けて取り組んでまいります。
435

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする