ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年12月7日(木曜日)12月定例県議会が開会しました

印刷用ページを表示する掲載日2017年12月7日

10時30分,県議会12月定例会が開会し,出席しました。
私からは,本県を取り巻く情勢,主要施策の取組状況や当面する県政の諸課題への対応状況について報告するとともに,提出する議案などについて説明しました。今次定例会では,「欲張りなライフスタイル」の実現や災害に強いまちづくりに向けた取組,また,人事委員会の勧告を踏まえた措置など,一般会計16億4,717万円を増額する補正予算案や,条例案,人事案件などの予算以外の議案,報告事項を提出しました。慎重に御審議いただき,適切な御議決をくださるよう議会の皆様へお願いいたしました。
12月定例県議会写真112月定例県議会写真2


14時,ひろしまの食の魅力向上に向けて,尾道の浄土寺で開催した食事会に出席しました。
今回の食事会開催に当たっては,県が主催する「ひろしまシェフ・コンクール」の成績優秀者の修業先というご縁で,フランスでご活躍のアレクサンドル・ゴチエさんに,県の取組に賛同いただき,来広していただきました。ゴチエシェフと26人の和食・洋食の料理人が,寺の庫裏(くり)において,牡蠣やレモンなど県産食材を使った14品の料理を調理し,県内工芸作家が制作した器に盛り付け,料理関係メディアなどご招待した皆様へふるまいました。尾道を代表する浄土寺という特別な空間において,将来,広島の料理界を牽引する若手料理人をはじめ,県内外の著名な料理人の皆様に集まっていただき,時空も国境も超えたコラボレーションが実現したことにより,新たな「ひろしまの食」を創造することができたと思います。来年度からは,広島を訪れる多くの方々に,こうした食体験を提供できる取組をさらに推進していきたいと考えています。
浄土寺での期間限定プレレストラン写真1浄土寺での期間限定プレレストラン写真2浄土寺での期間限定プレレストラン写真3浄土寺での期間限定プレレストラン写真4浄土寺での期間限定プレレストラン写真5

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする