ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成29年10月4日(水曜日)ハワイ州の皆様がいらっしゃいました

印刷用ページを表示する掲載日2017年10月4日

9時30分,広島県・ハワイ州友好提携20周年を記念して,ハワイ州の皆様がお越しになりました。
今年5月に私がハワイ州を訪問した際はとても暖かく歓迎していただきましたが,この度も,ドーン・アマノ・イゲ州知事夫人,ウェイン・ミヤオ交流企画委員長,ブライアン・タニグチ様をはじめとする上院議員の皆様,マーク・ナカシマ様をはじめとする下院議員の皆様,産業経済開発観光局,教育局の皆様,姉妹校の教員・生徒の皆様,ホノルル・ハワイ島日本人商工会議所の皆様など,総勢130名を超える大訪問団でお越しくださいました。改めて5月訪問時のお礼を申し上げるとともに,教育分野,経済分野などハワイ州との連携・交流について意見交換を行いました。今後も,広島県とハワイ州がこれまでの絆をさらに深め,相互の地域発展につながる未来志向の交流を進めていきたいと考えています。
広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真1広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真2広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真3広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真4広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業


10時30分,広島県立美術館で開催する「広島県・ハワイ州友好提携20周年記念イベント『広島から世界へ-移住の歴史と日系人の暮らし-』」の開会式を行いました。
広島県は,約11万人といわれる海外移住者を輩出した全国1位の移民県で,その歴史は,1885年の官約移民によりハワイへ渡航された方々にさかのぼります。移住された皆様は幾多の苦難を乗り越え,長い歴史の中で確固たる地位と信用を築き上げてこられましたが,これは私たち県民の大きな誇りであり,大切な宝です。この度,多くの皆様に,広島の移民の歴史についてご理解いただき,今後のハワイ州県人会との末永い交流につなげていきたいとの思いから,この展示を開催することとしました。この移民展は,本日から10月15日(日曜日)まで県立美術館で開催しています。また,県立歴史民俗資料館(三次市)や歴史博物館(福山市)においても12月から来年1月にかけて開催する予定ですので,是非ご覧ください。
広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真1広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真2広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真3広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真4広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真5広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真6広島県・ハワイ州友好提携20周年記念事業写真7

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする