ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成28年5月30日(月曜日)第1回2016国際平和のための世界経済人会議実行委員会を開催しました。

印刷用ページを表示する掲載日2016年5月30日

10時30分,第1回2016国際平和のための世界経済人会議実行委員会を開催しました。
広島県には,人類史上初の原子爆弾による破壊を経験し,その廃墟から復興を遂げた県として,国際平和の実現のために積極的に貢献していく使命と役割があります。5月27日は,オバマ米国大統領が,安倍首相とともに広島を訪問されるという,被爆地広島にとって,また,世界的に見ても,重要で歴史的な一日となりました。オバマ大統領が,「我々は,核兵器に対する恐怖の論理から抜け出す勇気を持ち,核兵器なき世界を追求しなければならない」,「戦争そのものをなくしていかなければならない」と訴えられたことは,強く心に残るものでした。また,被爆者の坪井さんが,「核なき世界の実現に一緒に取り組みましょう」とオバマ大統領に発言されたことは,私たちにとっても,改めて,頑張らなければならないという思いを強くさせるものでした。かつてない世界の注目を集めた被爆地広島の役割は,核兵器のない平和な世界の実現に向けて,ますます高まっています。
こうした中,本日,マーケティングの世界的権威であるフィリップ・コトラー教授をお迎えし,マーケティングの活用により,ビジネスを通した平和構築の取組の促進策を探る世界初の会議「国際平和のための世界経済人会議」の開催に向けた実行委員会を開催しました。この会議を通し,経済界の皆さんと一体となって,被爆地広島からの平和のメッセージの発信を更に強化しいきます。

13

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする