このページの本文へ
ページの先頭です。

平成31年3月6日(水曜日)外務省招聘ガザ教員の皆様とお会いしました

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月6日

14時,外務省の招聘により来日されたパレスチナ・ガザ地区の教員の皆様とお会いしました。
私は,広島には2つのメッセージがあると思います。一つは,人間の持つ力を悪い方向に使った結果,街が破壊され,何十年にもわたって影響を与えてしまったこと。もう一つは,人間の力を良い方向に使い,被爆から復興させ,豊かに発展することができたことです。人々が持つ力を合わせて素晴らしい世界をつくっていくために大事なことは,皆様が携わっている「教育」だと思います。戦後の広島では,廃墟の中にあっても,青空の下で授業を再開し,平和の大切さやそれを守っていくという教育,そして,街を再建していこうという意思を子供達に伝え続けました。当時の広島とガザの状況は大きく異なりますが,教育者である皆様には,将来への平和,そして豊かな社会を築いていくという強い信念を持っていただきたいと思います。
234


16時20分,歯科医療功労表彰式を行いました。
受賞された4名の皆様におかれては,長年にわたって地域の歯科医療に従事され,歯科保健・医療の向上に多大なご尽力を賜り,心より感謝申し上げます。県民の皆様が生涯を通じて自分の歯を保ち,食事・会話を楽しみ,生き生きと生活していくためには,歯と口腔の健康づくりが非常に重要です。県では,「歯と口腔の健康づくり推進計画」に基づき,歯の喪失防止,生活習慣病の予防・改善,ライフステージに応じた歯周病対策の推進など,様々な施策の推進に取り組んでいるところですが,受賞された皆様には,一層のお力添えをいただければと思います。
578


18時15分,広島県日中親善協会が主催する「交流の夕べ・中国からの留学生の送別会・激励会」に出席しました。
この度,ご卒業される留学生の皆様,おめでとうございます。広島県内で就職される方,残念ながら県を離れる方,それぞれの道を歩まれますが,広島で学んだ知識・経験を活かして,ご活躍されることを期待しています。また,広島と中国を結ぶ架け橋として,中国の魅力を広島の皆様に,また,広島の魅力を中国の皆様に発信していただければと思います。今年は,広島県と四川省との友好提携35周年という記念すべき年です。広島県日中親善協会の皆様をはじめ,多くの皆様とともに,この35周年を広島で盛大にお祝いするとともに,引き続き,両県・省にとって実りある交流に努めていきたいと考えていますので,ご支援・ご協力をお願い申し上げます。
91012

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする