このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成31年3月4日(月曜日)「創造的復興による新たな広島県づくり」について講演しました

印刷用ページを表示する掲載日2019年3月4日

15時15分,「哲学のみち研究会」にお招きいただき,講演しました。
この「哲学のみち研究会」は,“地域づくりには哲学が必要である”という旗印のもと,中国地方の未来に向けた地域づくりの“みちしるべ”(方向性)を研究することを目的として設立されたそうです。本日,私からは,「創造的復興による新たな広島県づくり」と題して,昨年の7月豪雨災害の被災概要と顕在化した課題,そしてそれを踏まえた災害に強いまちづくりなどについて講演させていただきました。参加された会員皆様の地域づくりに対する議論の参考となれば幸いです。
421


17時30分,広島県社会福祉協議会,県内市町社会福祉協議会の皆様と意見交換を行いました。
社会福祉協議会におかれては,昨年の7月豪雨による発災直後から災害ボランティアセンターを立ち上げ,被災家屋の土砂撤去などに従事していただいたほか,被災された方の早期生活再建に向けて地域支え合いセンターを設置し,生活相談やサロン活動といった住民の皆様同士の交流機会の提供などに取り組んでいただいており,厚くお礼申し上げます。この災害を教訓として,コミュニティによる共助の大切さが再認識されていますが,県としても,この動きをより確かなものとするため,来年度,「地域福祉支援計画」を策定することとしており,皆様と共に地域共生社会の実現に向けて取り組んでいきたいと考えています。
678

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする