このページの本文へ
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

平成23年3月23日(水曜日) 公共建築物等への木材利用を進めます

印刷用ページを表示する掲載日2011年3月23日

 2020広島県農林水産業チャレンジプランでは,県産材を中心とした木材の利用拡大等を図ることとしており,県が整備する建築物等にも木造化・内装等の木質化に向けた取組を進めているところです。今回,社団法人広島県木材組合連合会では,こうした取組の趣旨を踏まえ,県と一体となって県産材の利用拡大を促進することのPRも兼ねて,県産材で製作した応接机を知事室に寄贈してくださいました。豊かな森づくりのためにも,国産材・県産材の利活用をお願いいたします。

県産材デスク1県産材デスク2県産材デスク3

 10時30分から,県庁において広島県空港振興協議会がありました。広島空港では,今月末から「広島-大連」線が「天津」まで延伸されるほか,東京線についても1日2往復が増便されることとなり,中四国地方最大のネットワークを有する空港としてますます成長しつつあります。一方で,空港アクセスの改善や空港施設におけるサービスの向上等,国内はもとより東アジア等からのお客様に一層満足していただける空港となるよう機能強化等を進めていく必要がありますので,皆様のご理解とご協力をお願いしますとご挨拶しました。

空港振興協議会1空港振興協議会2

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする