このページの本文へ
ページの先頭です。

平成23年3月9日(水曜日) 国際バルク戦略港湾指定に向け再度要請を行いました

印刷用ページを表示する掲載日2011年3月9日

 今朝一番の飛行機で上京し,10時30分から,民主党陳情要請対応本部の武内則男副本部長に,福山港・水島港の国際バルク戦略港湾指定を要請しました。この件については,これまでに何度も国に対して要請して参りましたが,いよいよ月末には検討委員会での検討を終え,政府として意思決定をするということですので,今日は党本部に対して改めてプッシュするという趣旨でお話しをしてきました。私からは,地域主権を進めていくためにはそれに向けたインフラ整備も必要であり,地域経済の活性化が国全体の経済の復調にも繋がるものであるため,そういう意味でもこの港湾指定は非常に意味が大きいと説明しました。

民主党陳情対応本部1民主党陳情対応本部2

 午後から,大阪府立大学の教授でもあり,府立大学観光産業戦略研究所の所長も務めておられる橋爪紳也さんとお会いしました。橋爪先生は,大阪府の橋下知事のもとで大阪の観光振興等に広く携わっておられ,その一環として瀬戸内エリアの観光についても興味を持っていただいています。当然,我々の「瀬戸内 海の道l構想」についても関心を持っていただいており,今後,構想を具体化していく際には先生にもお知恵を拝借させていただくようお願いをしました。

橋爪先生1橋爪先生2

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする