このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年3月26日(金曜日) 県産材の消費拡大を進めます

印刷用ページを表示する掲載日2010年3月26日

 県内林業の発展には,県産材の大量安定供給と消費拡大による持続的な林業を確立する必要があります。このため生産,流通・加工,消費などそれぞれの分野について,今後,どう取り組むべきか検討していきますが,中でも”県産材の利用拡大”は,重要な検討の視点の一つです。

 県の取組としては,県産材の利用を拡大し,県内の健全な森づくりを進めるため,今年度,県産材を使用した住宅の新築・購入に対する助成事業(100~125平方メートル:40万円/戸,125平方メートル以上:50万円/戸)を行ないました。新年度も,助成を希望する方の募集をまもなく開始する予定です。 

 さらに,県産材を活用した多用なマーケットを創出していく取組も重要であり,国産材を巡る状況や住宅メーカーの販売戦略,住宅の柱,梁・桁,土台に使われる木材製品(国産材・外材)の性能比較などについて,担当者からレクチャーを受けました。

県産材の利用拡大を進めます写真1県産材の利用拡大を進めます写真2

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする