このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年3月23日(火曜日) 「広島県職員の行動理念」を協議しました

印刷用ページを表示する掲載日2010年3月23日

 9時,県経営戦略会議を開催し,「広島県職員の行動理念」を協議しました。これは,県がそもそもの担うべき使命や,その使命の実現のため,職員一人ひとりが日々の業務遂行上,守るべき価値観や行動指針を明らかにしていくものです。

 今年1月に各局の職員で検討チームを立ち上げ,可能な限りの職員の参加を得ながら全庁的な議論を重ね,ようやくとりまとめ案ができました。私自身も議論に参加し(反映していただけなかった意見もありましたが(笑)),良いものに仕上がりました。来週30日に,改めて経営戦略会議で議論し,決定したいと思います。

「広島県職員の行動理念」協議写真1「広島県職員の行動理念」協議写真2

「広島県職員の行動理念」協議写真3

 13時半,私の母校である広島大学附属高校の生徒らの訪問がありました。生徒会が発行する機関紙「附属維新」の中で「働く」という連載企画があり,その取材のため井長 洋先生と生徒会執行部の生徒6名が来られました。

 知事就任から4か月たった現在の感想や附属時代(体育祭の団長だった頃)の思い出,進路選択の理由など,執行副委員長の柴田 純くんからの質問に応えました。後輩たちには,これから社会に飛び立つ日が来ますが,自分の限界を自分で作らず,思い切って好きなことにチャレンジして欲しいと思います。

母校・広大附属高校の生徒らからの取材写真1母校・広大附属高校の生徒らからの取材写真2

母校・広大附属高校の生徒らからの取材写真3

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする