このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年2月25日(木曜日) 若手職員と積極的にコミュニケーションを深めていきます

印刷用ページを表示する掲載日2010年2月25日

 17日に開会した2月定例県議会は5日目です。本日午前の一般質問で「若手職員が十分に能力を発揮し,県政発展に貢献できる仕組みにどう取り組むのか」質問がありました。

 昨日,県庁のミッション・ステートメント(行動宣言)について,若手職員をはじめ全庁的に活発な議論が行なえるよう,私の基本的な考え方を全職員へ一斉メールで伝えたことを皆さんにお知らせしましたが,その他に,来月から若手職員との随時ランチミーティングを開催するほか,政策的な意見交換をする場を設けていくつもりです。

 若手職員の柔軟で斬新な発想や意見をできるだけ県政に活かしていくことは,時代のニーズに即した政策の推進や組織活性化にとっても重要です。私自身も積極的に若手職員とのコミニュケーションを深めていきたいと思います。

 2月定例県議会 一般質問

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする