このページの本文へ
ページの先頭です。

平成22年2月12日(金曜日) 平成22年度当初予算案を発表しました

印刷用ページを表示する掲載日2010年2月12日

 10時から本年度第6回目の県産業・雇用対策本部会議を開催しました。平成22年度当初予算で612億円,平成21年度の1月補正予算に加え,2月補正予算とあわせて総額672億円となる「緊急経済・雇用対策」案を今後の取組として決定し,今月17日開会の2月定例会に平成22年度当初予算案等として提案することとしました。

 また,新卒高校生が社会への最初の第一歩でつまずかないようしっかりとした支援をすることや,緊急経済・雇用対策の成果の検証と効果的な対策を行なうこと,さらに長期雇用につながるような支援に一層力を入れていただくよう,本部会議メンバーに指示しました。

第6回広島県産業・雇用対策本部会議写真

 13時から記者会見室で,総額9,363億円の平成22年度当初予算案の発表です。『新たな挑戦に向けた仕込みと基盤づくり予算』と称して,●「仕込み」と基盤づくり,●切れ目のない緊急経済・雇用対策,●スピーディーなマニフェスト実行,●財政規律と財政健全化の推進,●県政コミュニケーションの充実という5つのポイントを事業運営方針として挙げました。

 平成21年度の補正予算と一体的で切れ目ない「緊急経済・雇用対策」にしっかり取り組むとともに,平成22年度は私のマニフェスト実現に向けた行動を開始する年であり,先ずは基本的な構想を練り上げ,事業化に向けた基盤を着実に整備していきたいと思います。

平成22年度当初予算の発表写真1平成22年度当初予算の発表写真2

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする