ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

子育てサポーター・保育サポーターリーダー養成講座(尾道市) 【事業・学習プログラム事例】

分野:家庭教育
事業形式:学級・講座
学習展開方法:講義・演習型

事業の様子
事業の様子の写真1
【第1回】:講話
事業の様子の写真2
【第4回】:演習
事業の様子の写真3
【第4回】:グループのまとめ
特徴○全講座を受講した方に修了証を交付し,子育てサポーターリーダーとして子育て活動の支援や生涯学習課からの情報提供を受けることができる。
○4ヶ月児に絵本の読み聞かせをする「ブックスタート」や親子同士で触れ合う「おやこカフェ」などの保育ボランティアを見学できる。
○午後の講座を全て受講した方は,保育サポーターとしてファミリーサポートセンター提供会員の資格を与えられ保育サポート活動をする事ができる。
概要

《目的》
 子どもの好きな方,子育ての経験のある方,子育て支援活動をしている方が知識と実践力を習得し,子育てサポーターリーダーや保育サ ポーターとして活躍できる。

《対象》
 子育て支援に関心のある方

《内容》

内容等

【第1回】平成20年10月9日(木曜日) 10時00分~15時00分
(午前)講話:「今を生きる子どもたち~子どもを取り巻く現状~」
講師:細川 洋 (福山こども家庭センター 主任専門員)
(午後)講話:「尾道市の子育て支援の現状と課題~子育て支援に求められるもの~」
講師:沖村 暁美 (おのみち子育て支援センター所長)
【第2回】平成20年10月16日(木曜日) 10時00分~15時00分
(午前)講義:「こころの声を聴く~カウンセリングに学ぶコミュニケーション術~」
講師:市場 惠子 (社会心理学講師)
(午後)講話・演習:「緊急時の応急手当を学ぶ~子どもの怪我や病気の基礎知識~」
講師:日本赤十字幼児安全指導員
【第3回】平成20年10月23日(木曜日) 10時00分~15時00分
 (午前)講話・演習:「発達障害の理解と支援~発達障害の正しい理解とサポート~」
講師:宇根 幸治 (宇根クリニック医院長)
(午後)演習:「子育て紙芝居~子どもに伝えたい遊び~」
講師:中村 由利江 (ゆめなか@情報局紙芝居「夢屋」)
 【第4回】平成20年10月30日(木曜日) 10時00分~15時00分
(午前)演習:「親の力」をまなびあう学習プログラム
講師:県立生涯学習センター振興課職員
(午後)交流:子育てサポーターリーダーとしての活動について :保育サポーターとしての活動について
講師:生涯学習課,社会福祉協議会,子育て支援課職員

成果等

【成果】
○定員を超える申込みがあり,地域で子育てや家庭教育の支援に関心がある人が多いことがわかった。また,全講座の受講率が約70%で学習意欲の高さを感じた。
○講座の内容にほとんどの受講者が満足し,学習したことを活用したいとの感想があった。
○受講者同士で地域の現状や課題について,情報交換や交流の場としてよい機会となった。

【今後に向けて】
◇子育てに関する情報や家庭教育講座の情報を地域に提供していく。
◇地域の子育て支援ボランティアと連携し,地域の家庭教育支援活動を目指す。

問合わせ 尾道市教育委員会生涯学習課 人づくり推進係
 〒722-8501 尾道市久保1-15-1 電話:0848-20-8324

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする