ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

「親プロ」講座の様子 平成29年度「坂町立小屋浦小学校」

「『親の力』をまなびあう学習プログラム」講座の様子

期日

平成30年1月24日(水) 14:30~15:45

実施機関・団体など/参加者数

坂町立小屋浦小学校PTA/保護者・教職員 計26名

教材:18「さあ,どっち!?~信じる,見守る,待つ,聞く~」 

 講師(ファシリテーター)

メイン:田村 雅恵
サブ:三浦 賢太

講座の様子

   小屋浦小学校において,授業参観後の教育講演会として,「親プロ」講座を実施しました。保護者と教職員合わせて,3~5名のグループを6つ作って行いました。
 はじめに,ファシリテーターの自己紹介に続き,アイスブレイクも参加者同士で自己紹介をしました。

会場   

 次に,これまでの子育ての中で,「どうして?」と疑問に思ったことと,その時どのように対応したかという「お題」でワークシートに,それぞれが経験を書き込みました。その後,各自が書いたことを,グループ内で交流をしながら,模造紙に整理していきました。

交流   

 最後にグループごとに整理した内容を発表して,全体交流をしました。
 参加者からは,「いろいろな人の話を聞いて,情報交換できたことで,対応などを学ぶことができました。」という感想が聞かれました。子育てについての悩みを参加者同士で共有することできました。講座の流れの中では,どのグループからも明るい笑い声が聞こえ,終始和やかな中にも,盛り上がった様子が伺えました。

参加者の声

・みんな同じように悩みをもっていることがよく分かりました。他の人のアドバイスを聞くことができて参考になりました。
・「親子共に」という言葉が印象に残りました。どうしても子供のできないところに目を向けがちですが,子供の良いところにもしっかりと目を向けていきたいなと思いました。
・ワークショップ型のプログラム内容だったので,意見が出しやすかったし参考になりました。

ファシリテーターの感想

・会場のあちらこちらで笑顔の花が咲きました。ファシリテーターとして参加させていただき,私自信も自分の子育てを振り返ったり,参加者の方から学ばせていただいたりと,とても有意義な講座でした。呼んでくださりありがとうございました。

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする