ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 照林坊本堂

照林坊本堂

【解説】
境内の中央に東面して建つ。外陣と内陣,余間からなり,正面に広縁を設け,周囲の縁先に庇柱をたて,背面に後堂を設ける大規模な真宗本堂。入母屋造本瓦葺で,正面に向拝を付設。矢来内がなく,また当初は正面縁を側面前方へまわすなど,特徴的な平面となる。

名称 照林坊本堂
よみがな しょうりんぼうほんどう
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 三次市三次町
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成23年7月25日
構造形式 木造平屋建,瓦葺
法量 建築面積629平方メートル
公開状況 常時公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日   
入館料  
所在地  
電話番号
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする