ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 普光寺観音堂(旧大田尋常高等小学校奉安殿)

普光寺観音堂(旧大田尋常高等小学校奉安殿)

【解説】
 境内南寄りの山門西側に築いた亀甲石積の基壇上に建ち,間口,奥行とも1.8m,石造である。切石布積の躯体前面にたてたドリス式風の円柱で庇を受ける。屋根は三段構成で,下段は下端を蛇腹状につくり,上段は切妻形で,妻面に蔓状の紋様を彫る。
 昭和10年建設,昭和21年移築。

名称 普光寺観音堂(旧大田尋常高等小学校奉安殿)
よみがな ふこうじかんのんどう(きゅうおおたじんじょうこうとうしょうがっこうほうあんでん)
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 世羅郡世羅町大字井折
員数 1棟
指定年月日 【登録年月日】平成23年1月26日
構造形式 石造,平屋建,基壇付
法量 建築面積3.3平方メートル
公開状況 外観公開
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする