ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県の文化財 - 村上家住宅石垣

村上家住宅石垣

【解説】
 敷地の南面から西・北面にかけて築かれる石垣で,高さは南西角で4.2m,北西角で2.3mを測り,総延長76mに及ぶ。 
 打ち込み矧ぎの乱積とし,各角は算木積とする。一部に明治期の火災の痕跡を残す。城郭のような威容を誇る敷地構えをつくり上げている。 

名称 村上家住宅石垣
よみがな むらかみけじゅうたくいしがき
指定 国登録
種別  
種類 建造物
所在地 福山市今津町
員数 1基
指定年月日 【登録年月日】平成22年9月10日
構造形式 石造
法量 延長77m
公開状況 外観公開(ただし敷地内立入禁止)
交通案内  
関連施設 名称  
開館時間  
休館日  
入館料  
所在地  
電話番号  
交通案内  

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする